【ホンダ NSX GT3】レーシングモデル販売!価格・スペック

この記事は2分で読めます

【ホンダ NSX GT3】レーシングモデル販売!価格・スペック

あわせて読みたい記事:【アキュラ(ホンダ) ZSX】S2000の後継モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【ホンダ NSX】生産数17台のスーパーチャージャー装着モデル

あわせて読みたい記事:【浅間ヒルクライム】ホンダアクセス:「T880アクティ改」登場

「本田技研工業」が「NSX GT3」を一般顧客向けに販売開始したとの発表をおこないました。「ホンダ NSX GT3」というモデル名といっても「ポルシェ911GT3」のような「ロードカー」ではなく純然たる「レーシングマシン」です。そのため価格は46万5000ユーロ(約6035万円)、と非常に高価となっています。

販売地域はアメリカ、欧州、中東、アジアとなっており、もちろんFIA規定に準拠しているのでピレリ・ワールドチャレンジ、ブランパンGTシリーズ、オーストラリアンGTチャンピオンシップなどに出場可能となっています。

「ホンダ・パフォーマンス・デペロップメント」はパーツの供給、トレーニング含むサポートを行うとしており、今後プライベーター向けに「ホンダ NSX GT3」を拡販の意向とのことです。

なお、同様に各メーカーともプライベーター向けにレースカーの販売を強化しており、「アウディ」は「アウディ R8 LMS GT4(価格:4,800万円)」、「ランボルギーニ」は「ランボルギーニ ウラカンGT3(価格:5,000万円)」を販売しています。そのほか「ポルシェ」、そして「シボレー」もこういったレーシング車両を販売しています。

さらに「ホンダ NSX GT3」は、FIA規定に従いハイブリッドシステムと4WDを廃して純粋な後輪駆動へと変更しています(ランボルギーニ ウラカンGT3等も後輪駆動へ変更されています)。トランスミッションも9速DCTから6速シーケンシャルへと変更されています。

そして、その他の軽量化によって重量は市販モデルより車両重量は485kgも軽い1,240kgへ(ウラカン4WD→ウラカンGT3の場合は-180kgなので、ホンダ NSXのハイブリッドシステムは相当に重い)と軽量化が図られています。

シャシー、エンジンは市販モデルの「NSX」と同じ工場で作られるとのことですが、これは「ランボルギーニ」も同じで(市販モデルとレースカーとが同じラインにて製造される)、採算性を考慮してのことのようです。

またエンジンコンストラクターは「American Honda Motor Co.,Inc.」、シャシーコンストラクターは「J.A.S. Motorsport」となっています。パワーユニットは、V型6気筒 3.5リッターエンジンを搭載し、ボディサイズ:4,612mm × 2,040mm(全長×全幅)、ホイールベース:2,630mm、車両重量:1240kgとなるとのことです。

「ホンダ NSX GT3」は、2015年末からテスト走行や北米でのレース参戦を通じた8万5,000km以上の走行実績があり、2017年は北米の「IMSA Weathertech Sports Car 選手権」と「Pirelli World Challengeシリーズ」に4台の「ホンダ NSX-GT3」が参戦して2勝を挙げるなど、十分なポテンシャルを発揮しているとしています。なお、日本における販売、テクニカルサポート、パーツ供給などは「M-TEC」が担当するとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。