【テスラ モデル3】 イベントにおいて公式スペック・価格が公開

この記事は2分で読めます

【テスラ モデル3】 イベントにおいて公式スペック・価格が公開

あわせて読みたい記事:【ルーシッドモーターズ エア】テスラのライバル?価格や性能は?

あわせて読みたい記事:【ポルシェ ミッションE】初の電気自動車(EV)発表 スペック

あわせて読みたい記事:【トミーカイラZZ EVモデル】GLM製スペックはNSX以上?

アメリカのEVカーブランドの「テスラ」社がついにその最新ラインアップとなる「モデル3」を公式公開しました。公式公開はイベントを開催してその発表を行っており、まずは先行して生産された30台をそのオーナーたちに手渡し、その後にスペックを公表しています。

この公式な公開によると、価格は、「35,000ドル」、走行可能距離は「220マイル」、0-100キロ加速は「5.6秒」、というスペックで本格的な生産は2017年の秋からを予定しているということです。オプションでは「ロングレンジバッテリー」が用意され、これは9,000ドルの追加費用にて走行可能距離が310マイルまで延長、0-100キロ加速は5.1秒へと向上する、アップデートバージョンとのことです。

発売当初は、AWDシステムは用意されず、2017年後半もしくは2018年始めに用意される、としています。「テスラ」社によると「モデル3は小さく、シンプルで安価なエレクトリックカーで、大量生産を考慮にいれて設計された最初のEV」だとしており、生産においてはこれからJカーブを描いて伸ばしてゆくことを推定しているようです。「テスラ・モデル3」の生産イメージは台数の記載はないものの、年間40万台までの生産が可能、と以前に述べています。

インテリアにおいては15インチサイズのタッチスクリーン、デュアルゾーンオートエアコン、インターネットラジオ、布シート、USBポート、オンボードカーナビゲーション、Wi-Fiコネクティビティ、キーレスエントリー、アプリによる室内温度コントロール、ボイスコントロール、60:40フォールディングシート、バックアップカメラ、電動調整式ミラー、12Vアウトレットといった装備を標準装備しています。

安全装備ではLEDヘッドライト、8カメラ&12レーダー&超音波センサー、エマージェンシーブレーキ、サイドカーテンエアバッグ、エレクトロニック・ッスタビリティコントロール&トラクションコントロール、ABS、電気式パーキングブレーキ、盗難警報、タイヤプレッシャーモニターを装備しています。

保証では4年間5万マイル保証、バッテリーは8年10万マイル保証(ロングレンジバッテリーは12万キロ)としており、オプションだとボディカラーにおいてブラックが標準でシルバーメタリック、ブルーメタリック、ミッドナイトシルバーメタック、パールホワイト、レッドマルチコートが+1000ドル、ホイールは18インチが標準で19インチサイズの「スポーツ」が+1500ドルとしています。さらに「プレミアム・アップグレード・パッケージ」は、シートヒーターが装着され室内の素材がアップグレードされるほか、オーディオも高級な仕様となり、ガラスもシェード付きとなり紫外線・赤外線カット仕様になる、とのことです。他のオプションとしては「エンハンスド・オートパイロット(5000ドル)」があり、これはレーンキーピング、自動レーンチェンジ、自動パーキング機能などがプラスになる他、さらに3000ドル払うと「完全自動運転」も可能になるということです。

他テクニカルデータは下記の通りです。

  • 全長:184.8インチ
  • 全幅:72.8インチ
  • 全高:56.8インチ
  • ホイールベース:113.2インチ
  • 重量配分:フロント47、リア53
  • ボディ構造:ハイブリッド・スティール&アルミニウム
  • サスペンション:ダブルウイッュボーン(フロント)、マルチリンク(リア)

なお日本における価格やデリバリーについてはまだ「テスラ」社のページに公開されていませんが、追って情報は公開されると思われます。さらに400万円以下で355キロの走行距離を持つとなると現在発売されている普及価格帯のEV(BMW i3、フォルクスワーゲン・ゴルフE、日産リーフ、ルノー・ゾエなど)以上の価格、ポテンシャルを備えていることになりEVシェアにおける「テスラ」社のシェアが高まりそうです。

さらにいえば秋に発表される新型の「日産 リーフ」の走行可能距離は「300キロ」とウワサされ、それでもやはり「テスラ・モデル3」にはコストパフォーマンスで太刀打ちできないのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。