「プリンス」 突然の死の原因が明らかに エイズor薬物か?

この記事は1分で読めます

世界に衝撃を与えた「プリンス」さんの突然の死。

いろいろな噂が飛び交い、死因は何か?と多くの人が知りたがっていましたが。

ミネソタ州のミッドウェスト検死事務所が米国時間の2日に記者会見を開き、4月21日に急死した歌手「プリンス」さん(享年57歳)の検死結果を正式発表されました。

 

原因は? 

drugs-1276783_640

「プリンス」さんの死因はフェンタニルの過剰摂取によるものとした上で、「フェンタニルの毒性」および「死者が自己投与したフェンタニル」により引き起こされた事故だったと発表しました。

米情報サイトTMZによると、合成オピオイドのフェンタニルは主に麻酔や鎮痛に利用されるが、モルヒネよりも強力で、依存症になる危険性が非常に高いということです。

検死報告によると、「プリンス」さんの死亡当時の体重は112ポンド(約50キログラム)で、自宅エレベーター内で倒れているのを発見された際、黒い帽子、黒いシャツ、グレーのアンダーシャツ、黒いパンツ、黒いボクサー・ブリーフ、黒いソックスを身につけていたということです。

 

  • こうした事実から何が見えてくる?

music-667980_640

「プリンス」さんは生前、エイズやHIV感染の噂も報じられたが、検死報告では「死因となる他の重要な病状はなかった」とされており、噂は否定されたことになります。
米メディアは、「プリンス」さんは急死する6日前、鎮痛剤パーコセットの過剰摂取により危うく死にかけたが、乗っていた自家用ジェット機を緊急着陸させ、応急注射で一命をとりとめたと報じていました。さらに、プリンスさんは急死した当日、オピオイド依存症の専門家に会う予定となっていたが、依頼を受けたハワード・コーンフェルド医師が代理として、息子をプリンスさんのもとに差し向けたところ、「プリンス」さんはすでに死亡していたことが同医師の証言で明らかになっています。警察当局も、「プリンス」さんが薬物の過剰摂取で死亡したかどうかを調べていると発表し、5月には、「プリンス」さんの自宅兼レコーディング・スタジオ内で家宅捜査が行われました。

多くの疑惑や噂が飛び交った「プリンス」さんの死の原因究明。

薬物に対する恐ろしさを物語っています。

関連記事:プリンス(prince) 世界的スター エホバの証人だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。