【スバル WRX STI】ニュルブルクリンクのセダン最速記録!

この記事は2分で読めます

【スバル WRX STI】ニュルブルクリンクのセダン最速記録!

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017年版

あわせて読みたい記事:【スバル WRX STI タイプRA】 限定500台・スペック

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

「SUBARU(スバル)」のアメリカ法人である、「スバル・オブ・アメリカ」は2017年7月21日に、「スバル WRX STI」の「タイプRA NBRスペシャル」が、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、「6分57秒05」という4ドアセダンの最速記録を打ち立てた、と発表しました。

「SUBARU(スバル)WRX STI TYPE(タイプ)RA NBR スペシャル」は、「プロドライブ」がチューニングしたタイムアタック仕様のスペシャルマシンです。ラリースペックとなるの排気量:2.0リットル水平対向4気筒 DOHC ガソリンターボエンジンは、専用の吸気システムとターボチャージャーのブーストアップにより、最大出力:600hp以上を引き出す仕様にチューンされています。

また組み合わせられるトランスミッションは、WRC仕様のパドルシフトになっており、瞬時のシフトチェンジが可能となりタイムロスを極力少なくしています。さらに、エアロダイナミクス性能も引き上げられており、リアウイングにはF1に採用されている技術の「アクティブエアロ」、「ドラッグ・リダクション・システム」を採用しています。このパーツによって最高速到達時に強力なダウンフォースを発生させています。なお、室内にはロールケージが組み込まれており、タイヤはスリックを装着してのタイムアタックでした。

そして、この「SUBARU(スバル)WRX STI TYPE(タイプ)RA NBRスペシャル」が、ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、7分を切る「6分57秒05」を計測したのです。「スバル・オブ・アメリカ」によると、このタイムは4ドアセダンの最速記録になるということです。

この記録によって「ホンダ シビック」、「アルファロメオ ジュリア」、「BMW」などのスポーツセダンのハイパフォーマンスモデルによる最速バトルが過熱しそうです。また噂されている「三菱 ランサーエボリューション」の復活が実現するならば、「スバル」VS「三菱」の4ドアスポーツセダンの対決を見ることができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。