【トヨタ ハイラックス(HILUX)】国内で復活のピックアップ

この記事は2分で読めます

【トヨタ ハイラックス(HILUX)】国内で復活のピックアップ

あわせて読みたい記事:【メルセデス ベンツ Xクラス】 特別なピックアップ スペック

あわせて読みたい記事:【レンジローバー ヴェラール】 ミッドサイズSUVモデルの詳細

あわせて読みたい記事:【ランドローバー レンジローバーリボーン】限定10台の復刻版

「トヨタ自動車」の名車ともいえるトラック:「ハイラックス(HILUX)」は、新型ハイラックスのフルモデルチェンジを行い2015年3月15日からタイで販売を開始しています。その後、オーストラリアなどでも販売を開始していますが、この度、日本でも2017年9月12日に発表し販売を開始するということで注目が集まっています。

「トヨタ自動車」が生産販売するピックアップトラック型:「ハイラックス(HILUX)」の車名の由来は「High」と「Luxury」を合成した造語で、コンセプトとして乗用車なみの豪華さを持ったピックアップトラックを掲げていました。

6代目モデルの140/150/160/170系、1997年9月から販売を開始しましたが、2004年秋に日本国内での販売を終了しました。

そして、今回うれしい復活を遂げるという形となりました。

 


「トヨタ ハイラックス(HILUX)ピックアップトラック」:スペック・価格

  • 9月11日に復活日本発売を予定するトヨタのピックアップトラック
  • タイ工場生産のWキャブ4ドアモデルを日本に導入

グレード・パワートレイン ラインナップ

  • ハイラックス X
    エンジン:直列4気筒2.4Lディーゼルターボ
    最高出力:150ps
    最大トルク:40.8kgm
    トランスミッション:6速AT
  • ハイラックス Z
    エンジン:直列4気筒2.8Lディーゼルターボ
    最高出力:177ps
    最大トルク:45.9kgm
    トランスミッション:6速AT

スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:5,335 × 1,855 × 1,820(mm)
  • ホイールベース:3,085(mm)
  • 乗員:5人
  • 駆動方式:パートタイム4WD
  • 新開発ラダフレームシャシーを採用し、前モデル比較で20%ねじり剛性を向上
  • 最大牽引力:3,500kg
  • サイドエアバッグ&カーテンエアバッグなどにより安全性能を向上

「グレード設定」

  • Xグレード 価格:325万円
    サイド&カーテンエアバッグ
    スチールホイール
    ホイールキャップ
    カラードバンパー
    ヒルスタート
    バックモニター
    運転席エアバッグ

  • Zグレード 価格:380万円
    Xグレードに追加
    LEDヘッドライト
    LEDフォグライト
    18インチアルミホイール タイヤ265/65R18
    プリクラッシュセーフティシステム
    ディファレンシャルロック
    メッキバンパー
    フォグランプ
    キーレスエントリー
    インフォメーションディスプレイ
    クルーズコントロール
    本革ステアリング
    本革シフトレバー
    コンライト

    上位グレード「ハイラックスZ」に、自動ブレーキ、レーンキープアシスト、LSD、LEDヘッドライト、クルーズコントロール、本革ステアリング、アルミホイールを装備

トヨタ ハイラックス ピックアップトラック 価格

  • ハイラックス X:325万円
  • ハイラックス Z:380万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。