【日産 サニートラック(サニトラ)】「510ブル」仕様カスタム

この記事は2分で読めます

【日産 サニートラック(サニトラ)】「510ブル」仕様カスタム

あわせて読みたい記事:【日産 ブルーバード】 最強最速の伝説となったBRE510ブル

あわせて読みたい記事:【日産 510ブルーバード改】 F20搭載コモンスナッパー仕様

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインRS】キャブ・カーボン武装のリスタード仕様

「日産 サニートラック」は、現在でもカスタムベースモデルとして人気のクルマですが、7月17日、「味の素スタジアム(東京)」で開催された「クロスファイブ2017 TOKYO」において、登場した超低車高に深リムホイールなどのカスタムで、1970年代の街道レーサー風イメージを施した「日産 サニートラック(サニトラ)」が注目されていました。

なにより注目の部分は、フロントフェイスです。これまでも「日産 スカイライン(C10型:ハコスカ)」仕様のカスタムは、以前から有名なカスタマイズかもしれません。

しかし、今回のカスタムフロントフェイスは、3代目「日産 ブルーバード(510型)」仕様となっているのです。「日産 スカイライン(C10型:ハコスカ)」のように丸形4灯ヘッドライトやバンパーレスの角張ったフォルムに510ブルのマーカーにビタローニミラーなどが、旧車ファンには堪らないカスタムとなっています。また赤、青、白のトリコロールカラーからの色変更の「B.R.E.」カラーも似合っています。

エクステリアデザインとしてサイドに注目すると極深のホイールが装着されていますが、これは「B.R.E.」製で、フロントが14×10.0J・ET-18、リヤが14×12.0J・ET-32を装着しています。ビス留め仕様のオーバーフェンダー(オーバーフェンダーは、フロント片側65mm、リヤ片側95mmのオーバーフェンダー)を組み合わせて、迫力あるディープリムとなっています。

サスペンションには、オリジナルのF:ストラット・R:リーフスプリングから「ヴァイエアー」製エアサスシステムを搭載して極限まで車高を下げています。

そして、ベッド部(荷台)には、NOSタンク風のエアタンクも装備しており、トラックならではのデザインを活かしたセンスが光ります。

「日産 ブルーバード(510型)」は日本国内だけでなく、アメリカやオーストラリアでも人気のモデルのために「510ブル」仕様は、「日産 サニートラック」のカスタムとしてこれから人気が過熱しそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。