【レンジローバー ヴェラール】 ミッドサイズSUVモデルの詳細

この記事は4分で読めます

【レンジローバー ヴェラール】 ミッドサイズSUVモデルの詳細

あわせて読みたい記事:【ランドローバー レンジローバーリボーン】限定10台の復刻版

あわせて読みたい記事:【メルセデス ベンツ Xクラス】 特別なピックアップ スペック

あわせて読みたい記事:【アルファロメオ ステルヴィオ】 ジュリアのSUVバージョン?

「ランドローバー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)」が2017年7月11日、新型ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー ヴェラール)」の受注を開始しました。価格は699万円~1526万円となっています。

最も車両価格が高い「FIRST EDITION」は、2018年モデルのみで展開される限定モデルで、22インチの「スタイル9007アロイホイール」や「FIRST EDITIONバッヂ」のほか、「HUD」「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」「ATPC」「テレイン・レスポンス2オート」「アクティビティキー」などを標準装備しています。「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」によるサテンペイントフィニッシュを特別に施した「フラックスシルバー」「コリスグレー」「シリコンシルバー」の3色が用意されるモデルとなっています。

レンジローバーシリーズで4番目のモデルとなる「レンジローバー ヴェラール」は、「レンジローバー イヴォーク」と「レンジローバー スポーツ」のあいだのポジションが与えられたミッドサイズ・ラグジュアリーSUVというクラスになっています。レンジローバーシリーズの特徴であるラグジュアリーさと優れた走破性を継承しつつ、「Reductionism(還元主義)」という理念に基づいて無駄を排除し、すっきりとした外観にデザインされています。

この還元主義を外観で表現するため、「レンジローバー ヴェラール」では施錠時や8km/hを超える車速で走行するとドアノブがドアパネルに格納されてフラットになる「デプロイアブル・ドアハンドル」をランドローバーのモデルとして初採用しています。ボディと一体化するこのドアハンドルを採用したことで、デザイン面に加えて空気抵抗係数0.32の実現していることも特徴です。

また、装備では「インテリジェント・ハイビーム・アシスト」と「アダプティブ・フロント・ライティング・システム」を備える「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」をセグメント初採用しています。

ほかのレンジローバーシリーズとも共通性の高い、なめらかな面と曲線を用いた現代的なブリティッシュ・デザインの外観に「レンジローバー ヴェラール」特有の個性を与えています。

ボディには80%以上にアルミニウムを使う軽量モノコック車体構造を採用し、パワートレーンではランドローバーで初めてとなる4気筒:「INGENIUM」のガソリン&ディーゼルのターボエンジンなど4種類のエンジンを設定しています。

エンジンスペックは180PS/430Nmを発生するターボディーゼルのほか、4気筒のガソリンターボでは250PS/365Nmと300PS/400Nmの2種類のエンジンスペックを用意しています。これに加え、380PS/450Nmを発生するV型6気筒の3.0リッタースーパーチャージドガソリンエンジンもラインアップして、トランスミッションは全車で8速ATを採用しています。さらい、AWDシステムには「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」を備え、路面や天候の応じて最適なトラクションを発揮してオールテレイン走破性を発揮します。

インテリアでもシンプルな機能美を表現する装備として、2つの高解像度10.2インチタッチスクリーンで構成するインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を全車に標準装備しています。

ボタンやダイヤル類を極限まで排除して直感的な操作感を実現し、各種設定をタッチパネルとロータリー・コントローラーで行なえるようにしている。また、車速やギヤポジション、カーナビの案内などをフロントウィンドウにカラー表示で投影する「ヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)」もオプション設定(FIRST EDITIONのみ標準装備)しています。

このほかにコネクティビティ対応で、スマートフォンのアプリを使って離れた場所からドアロックの解除&施錠、エアコンの操作、走行履歴や車両状態などを確認したり、緊急時には「スマートロードサイドアシスタンス」や「SOS緊急コール」ができる「リモート」に対応しています。

さらにクルマが同時に8台まで接続可能なWi-Fiホットスポットになる「コネクトプロパック」、車両が盗難にあったときに車両位置を捜査機関に通知できる「セキュアトラッカー」なども充実させています。

また、ドライバー支援システムとして「レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)」「自動緊急ブレーキ」「360度ビュー&パーキングガイド機能付きサラウンドカメラ・システム」を標準装備。オプションとして「ブラインド・スポット・アシスト」「レーンキープ・アシスト」を「HSE」と「FIRST EDITION」に標準装備、そのほかのグレードでオプション設定しています。


「ランドローバー・レンジローバー VELAR」:スペック・価格

  • レンジローバーシリーズに追加されたニューモデル
  • 「レンジローバーイヴォーク」と「レンジローバースポーツ」の中間のモデルとして設定
  • 特徴的ルーフラインを採用し、クーペSUVスタイルに
  • グレードは、標準とスポーティーな「R-ダイナミック」スタイルそれぞれに、「標準(無印)」「S」「SE」「HSE」4種類のグレード、4種のエンジンの組み合わせで32グレードをラインナップ
  • デビューから1年間限定で販売される「ファーストエディション」もラインナップ

パワートレイン ラインナップ

  • 直列4気筒 2L ディーゼルターボ「D180」
    出力:180ps/43.9kgm
  • 直列4気筒 2L ガソリンターボ「P250」
    出力:250ps/37.2kgm
  • 直列4気筒 2L ガソリンターボ「P300」
    出力:300ps/40.8kgm
  • V型6気筒スーパーチャージャー「P380」
    出力:380ps/45.9kgm

スペック

  • 全長×全幅×全高:4803×2032×1665(mm)
  • ホイールベース:2874mm
  • トランスミッション:8速AT
  • 乗員:5人乗り(7人乗り設定なし)
  • 渡河水深
    コイルサスペンションモデル:600mm
    エアサスペンションモデル:650mm
  • 2つの10インチタッチスクリーンを統合した「Touch Pro Duo」インフォテインメントシステムを搭載
  • ジェスチャー操作対応パワーテールゲートを装備
  • 車両安定性、乗り心地を向上するトルクベクタリングバイブレーキ、アダプティブダイナミクス、ダイナミックスタビリティーコントロールのほか、オフロード走破性を高めるヒルディセントコントロール、テレインレスポンスを全車に標準装備
  • 安全装備に、レーンデパーチャーワーニング、自動緊急ブレーキ、360度ビュー&パーキングガイド機能付きサラウンドカメラシステムを標準装備。
    ブラインドスポットアシスト、レーンキープアシストなども設定

「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」:価格

  • レンジローバー ヴェラール:699万円~1,262万円
  • ファーストエディション(1年間限定販売。P380エンジン搭載):1,526万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。