【フェラーリ365 GTB/4 スパイダー】価値は3億円以上?

この記事は2分で読めます

【フェラーリ365 GTB/4 スパイダー】価値は3億円以上?

あわせて読みたい記事:【旧車】オークションで高額の落札価格がついた車のランキング12

あわせて読みたい記事:【安全で安心な車ランキング:TOP10】 上位を日本車が独占!

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 360スパイダー】デビッド・ベッカムの車が競売に

ワンオーナーの「フェラーリ365 GTB/4 デイトナ・スパイダー」がオークションに登場とのことです。とても貴重な個体ゆえに注目されています。

スパイダーモデルは、121台製造されましたが、この個体は、そのうちの40台目となり、1983年からずっと同じ一族によって保管されてきた個体とされています(つまり、この個体が中古市場にて販売されるのは”初めて”)。

20年以上をガレージで過ごしてきたとのことですが、そのコンディションは画像で見ても分かる通り「素晴らしい」の一言です。

「フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ・スパイダー」は、クーペモデルが発表された一年後に公開されたモデルで、最大出力:352馬力を発生する排気量:4.4リッターV型12気筒エンジンを搭載しています。また「フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ・スパイダー」は、正式には「デイトナ」と「フェラーリ」社によって命名されているわけではないものの、「デイトナ24時間」レースで活躍したことから「デイトナ」と呼ばれ、それが定着することに(「ディーノ」が「フェラーリ・ディーノ」として一般化してしまったのとよく似ているかもしれない)なったようです。

インテリアデザインは、シートはもちろん「デイトナ」シートとなっています。真ん中に一本のラインがあり、左右に横方向のライン、そして穴が開けられた別生地が特徴ということのようです。

このシートは現代のフェラーリでも選ぶことができますが、もちろんこの「デイトナ」に装着されたのが元祖なのです。

実に過去の「フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ・スパイダー」の個体は、オークションに登場した際には、「3億円弱」で落札されることが多かったようですが、今回の「フェラーリ 365 GBT/4 デイトナ・スパイダー」は、ワンオーナーということ、20年以上ガレージで保管されており、状態がとても素晴らしいコンディションを保っていることもあり、これまでの個体に比べて高値がつくのは間違いなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。