【将来のコレクションに値する車ベストテン】人気はトヨタ・マツダ

この記事は3分で読めます

【将来のコレクションに値する車ベストテン】人気はトヨタ・マツダ

あわせて読みたい記事:【これから値上がりしそうな車ベストテン】2017年最新版の公開

あわせて読みたい記事:【自動車サイト】2016年のアメリカで検索数の上位は「日本車」

あわせて読みたい記事:【ランキング】 「最も盗難されたモデル」:トップ10 アメリカ

「Motor1」にて、「将来のコレクションに値する車ベストテン」が公開になり注目されています。もちろんアメリカ市場のことなので日本では購入できないものもありますが、ざっとここで紹介してみようと思います。下記がベストテンの車両となります。


10位:「アルファロメオ・ジュリア・クワドリフォリオ(73,595ドル)」

あわせて読みたい記事:【アルファロメオ ジュリア】復活する500psオーバーのFR!

 「イマイチ売れない」とは言われるアルファロメオのスポーツセダンではあるものの、この「売れない」は後に「希少車」というリターンになるものと思われます。ジュリア・クワドリフォリオは、実は「フェラーリ」由来のエンジン、アクティブエアロを搭載し、ニュルブルクリンク最速の座を保持するサルーンなのです。ただしその価格が「アルファロメオにしては高い」という印象が拭えずに販売に苦戦していると思われ(加えてアメリカにはもっとパワーが出て、もっと安い車がたくさんある)、しかし「ある程度まで価格が下がれば欲しい」と考える人は多いはずで、となると「中古価格が下がりにくい」車なのかもしれません。そのような理由が考えられて10位にランクインとなっています。


9位:「シボレー・コルベット グランスポーツ(66,445ドル)」

あわせて読みたい記事:【コルベット グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ】

これはアメリカ特有だと思われますが、とにかくアメリカ人はコルベット大好きなので、「コルベットのハイパフォーマンスモデルを持っておけば売る時に困らない」という下地があるのでしょう。コルベット信者ゆえの9位にランクインです。


8位:「シボレー・カマロ ZL1(63,435ドル)」

あわせて読みたい記事:【シボレー カマロ ZL1 1LE】 サーキット仕様のスペック

もちろんこれも「シボレー・コルベット」と同じ理由です。1967年からのアメリカンスポーツモデルの王道のクルマです。


7位:「アウディTTRS(65,850ドル)」

あわせて読みたい記事:【アウディ R8 スパイダー V10プラス】ハイスペックモデル

駆動方式は、4WDシステム、最大出力:400馬力、そしてこの価格でこの性能、洗練されたデザインはバーゲンだ、と論じています。


6位:「ポルシェ 718ボクスター / ケイマン(57,050ドル)」

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

「ポルシェ」は資産価値が高く、アメリカでは「最も長く保有される車」上位に「ポルシェ ボクスター」が数えられるほどなのです。よって「持っていて損はない」車、ということなのでしょう(値下がり率から言うと、「ポルシェ 911カブリオレ」よりもずっと小さい)ということです。さらには、2リッターターボエンジンの評価が高く、現在中古市場だと新車以下の価格の個体を見つけるのが難しいほどなのです。


5位:「フォード F-150ラプター(50,560ドル)」

 「アメリカのお金持ちが購入する車」トップであり、不動の人気を誇ると思われます。以前から「フォード」社のピックアップトラックは王道のモデルともいえます。


4位:「シボレー・コロラド(40,995ドル)」

「フォード」社の「フォード F-150」と同じような捉えられ方で人気があり、記事では「価格が安く、オフロードの走破性が高く、馬力も大きい(306馬力)」、とコストパフォーマンスを理由として挙げています。


3位:「マツダ ロードスターRF(32,730ドル)」

あわせて読みたい記事:【マツダ ロードスター アークティック】 英国限定400台仕様

通常の「ロードスター」よりも高価ですが、それが「アルファロメオ・ジュリア」と同様の効果を将来的に持ちうるということのようです。それにしてもデザイン性に優れたモデルです。


2位:「アバルト124スパイダー(28,195ドル)」

アメリカにおいてオープンカーの人気は根強く、そして「スパルタン」という要素が加われば格好のコレクション対象となりそうです。ベースが「マツダ ロードスター」とはいえ、別物のクルマでありハイパフォーマンスな車です。


1位:「トヨタ 86(27,140ドル)」

あわせて読みたい記事:【トヨタ 86】 ドリフトでギネス世界記録樹立!その距離が凄い!

記事の中では、「トヨタ 86」についてのコメントとして「この価格で購入できるピュアスポーツカーは他にない」としており、的を射たコメントだと思います。車の性格を考えると、マニュアル・トランスミッションモデルの価値はかなり高く評価されそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。