【ランドローバー ディフェンダー】 Mr.ビーン所有車が競売に

この記事は2分で読めます

【ランドローバー ディフェンダー】 Mr.ビーン所有車が競売に

あわせて読みたい記事:【ランドローバー レンジローバーリボーン】限定10台の復刻版

あわせて読みたい記事:【メルセデス ベンツ Xクラス】 特別なピックアップ スペック

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 458イタリア】ジャスティンビーバー仕様が競売に

俳優でコメディアンの「ローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)」氏が所有していた名車「ランドローバー・ディフェンダー」がオークションに登場予定とのことです。

「ローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)」氏は、「マクラーレンF1」を所有していることでも有名ですが、他にも「メルセデスSLS AMG」や「アストンマーティンDBS」等のエキゾチックカーを所有していることでも知られています(マクラーレンF1を過去二回クラッシュさせ、新車一台分以上の修理費用を払ったことも有名な話です)。

世界唯一の4×4専門メーカー、ランドローバーの中でもよりオフロード性能を追求したスパルタンモデルがディフェンダー。1948年アムステルダムモーターショーで初めて発表された第一号ランドローバーモデルである。導入されるのはロングホイールベース仕様の110(ワンテン)、5ドアモデルのみの設定。従来からの頑強なアルミボディと高いボディ剛性を誇るボックスフレーム構造を採用し、高い耐久性と走破性を備える。搭載エンジンは、2.5L 直列5気筒SOHCの直噴インタークーラーディーゼルターボで、122馬力/30.6kg・mのパワー&トルクを発生。前後ともにヘビーデューティタイプから標準タイプに変更となった、車軸式コイルサスペンション。16インチタイヤを装着し、最低地上高215mmを確保する。トランスミッションはハイローの2段変速の副変速機付きフロアシフト5速マニュアル。駆動方式はセンターデフ付フルタイム4WD、グレードは、最上級グレードのディフェンダー110SEとベーシックモデルのディフェンダー110S。110SEは、エクステリアに16インチブーストアロイホイールやチェッカープレート付サイドプロテクションレールを装着、インテリアにはブラックハーフレザーシート(ヒーター付)を運転席/助手席と後席に、上質なブラックレザーをステアリングとギアレバー、トランスファーギアボックスレバーに採用する。両モデルに集中ドアロックシステム、電動式フロントウィンドウ、MD付オーディオなど実用性&走破性重視ななかにも快適装備を備えている。安全装備として、4チャンネル式ABS、4輪ETC(電子制御トラクションコントロール)が標準で装着される。右ハンドルのみの設定。ランドローバー社は、フォードモーターカンパニーの一員となり、ディフェンダーは2000年7月よりランドローバージャパンより導入される。

(出典:goo-net.com)

なお、この「ランドローバー ディフェンダー」は、「ディフェンダー生産終了を記念し」2015-2016年の間に設定された「ディフェンダー90ヘリテージ」で、ボディカラーはグラスメア・グリーン、ルーフはホワイトのモデルです。

生産台数は400台のみとなっており、この個体は2015年11月28日に「ローワン・アトキンソン」氏へと納車された、とのことです。走行距離はわずか3,637キロとなり当然コンディションは抜群の状態です。

オプションとしてサウンドシステム、マッドフラップ、トーイング・バー、ドッグガードが装備されているようです。さらに、ディーラーでの初回点検を済ませたところでまだ保証も残っており、予想落札価格は最高で630万円ほど、と見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。