【R31 GTS-Rリーボック】グループAを制したスカイライン

この記事は2分で読めます

【R31 GTS-Rリーボック】グループAを制したスカイライン

あわせて読みたい記事:【R31 スカイライン】 1000psのMOTUL号のスペック

あわせて読みたい記事:【アクティブ R32GTR】フルカーボンワイドボディ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

1985年(昭和60年)にデビューしたR31型スカイラインは、RB型:直列6気筒DOHCエンジンを搭載したこともあり、シルエットフォーミュラでサーキットに戻ってきたDR30スカイラインの後継として「RS(R30型)」⇒「GT-R」の復活に期待がかかっていました。そのような中、「GT-R」への懸け橋ともいえる最強の1台が、「R31型」から登場することになりました。それが、1987年(昭和62年)にグループAレースのホモロゲーションを獲得するために、800台限定で生産された「GTS-R(HR31型)」でした。このモデルは、エンジンを「RB20DET-R」としステンレス製のエキマニや専用タービンなどを装備していました。

このエボリューション・モデルをベースとしたマシンによって、1989年の「全日本ツーリングカー選手権(JTC)」を戦うために製作された1台が、白いボディに「リーボック」の象徴であるイギリス国旗がペイントされた「リーボック・スカイライン GTS-R」でした。

このカラーリング仕様は人気は高く、1990年(平成2年)シーズン、1991年(平成3年)シーズンもリーボックカラーの「R32型:スカイライン GT-R」が参戦しました。デビューとなった1988年は、9月18日の「SUGOグループA 300km選手権レース」で「長谷見昌弘 / 高橋健二」とのドライブでの6位が最高位でしたが、翌1989年には、「長谷見昌弘 / A.オロフソン」とのコンビで「レース・ド・ニッポン」(8月20 日 筑波)、「SUGO グループA 300km選手権レース」(9月10日 菅生 )、「鈴鹿グレード20ドライバーズレース」(9月23日 鈴鹿)と3連勝を飾り、シリーズタイトルも獲得しました。このクルマは、長谷見昌弘/A.オロフソン組のドライブで3勝を挙げ、1989年のシリーズタイトルを獲得した「リーボック・スカイライン GTS-R(R31型)」です。


「リーボック・スカイライン GTS-R(R31型)」:スペック

  • 年式:1989年
  • 型式:KRR31型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,660mm × 1,690mm × 1,325mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,460mm / 1,465mm
  • 車両重量:1,160kg
  • エンジン型式:RB20DET-R
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:2,029cc
  • 最高出力:400PS / 7.200rpm
  • 最大トルク:42.0kgm / 6.000rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):13インチベンチレーテッドディスク / 12インチベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):240-625-R17 / 240-655-R17
  • 1989年JTC GrA チャンピオン(長谷見昌弘/A.オロフソン組)

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。