【アストンマーチン ヴァルカンAMRプロ】価格は3億円オーバー

この記事は2分で読めます

【アストンマーチン ヴァルカンAMRプロ】価格は3億円オーバー

あわせて読みたい記事:【アストン・マーティン ヴァンテージAMR】300台限定モデル

あわせて読みたい記事:「アストン マーティン ヴァンキッシュS」レッドアローズモデル

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 360スパイダー】デビッド・ベッカムの車が競売に

イギリスの高級スポーツブランドの「アストンマーチン」社は、2017年6月29日に開幕した2017年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、『アストンマーチン・ヴァルカンAMRプロ』を発表しました。この「アストンマーチン・ヴァルカン」は、2014年に発表されたサーキット専用走行マシンです。最高出力820馬力を誇り、世界限定で24台が製造・販売され、日本円で3億を超える価格にも関わらず、瞬く間に完売した1台です。

そして、今回発表された「アストンマーチン ヴァルカンAMRプロ」は、この「ヴァルカン」の性能を引き上げるパフォーマンスパッケージです。その名の通り、「アストンマーチン」社のパフォーマンスブランド、「AMR」社が開発を手掛けています。

「AMR」社は、パッケージ製作にあたり、ダウンフォース性能の向上に注力したといい、フロントエンドやフロントホイールアーチにパーツを追加したほか、フロントノーズにダイブプレーンを取り付け、ステアリングレスポンスを向上させています。

ダウンフォース性能改善の処理はマシンのリヤにも及んでおり、リヤウイングは新型のデュアルプレーンデザインとなり、新たに20mmのガーニーフラップも追加されているのです。

これら空力パーツの追加などにより、エアロダイナミクスは大幅に改善し、その性能は2017年のル・マン24時間耐久レースを戦った「アストンマーチン・バンテージGTE」を上回るというから驚きです。

空力パーツはカーボンファイバー製で作られており、車重の増加は最低限に抑えられたほか、エンジンカバーも重さ5kgのカーボン製に置き換えられました。また、より鋭い加速を実現するためにギヤレシオも見直されています。

「アストンマーチン・レーシング」のワークスドライバーである「ダレン・ターナー」氏は、「幸運にもヴァルカンの開発からプロジェクトに携わり、マシンを手にしたカスタマーとともに多くのサーキットを走ってきた」と語り、「見た目やサウンド、そしてパフォーマンス。すべてが信じられないくらい最高の1台だ。それでいて手懐けられないモンスターマシンではなかった。だから、AMRプロの開発プロジェクトでも目標を明確にする必要があった。フロントとリヤのダウンフォースレベルを引き上げながら、マシンバランスを改善したよ。ギヤ比を変更したことで、アクセルワークにも俊敏に反応するし、ステアリング操作にも忠実だ。このマシンで高速コーナーを走っている時の感覚は表現のしようがない。このAMRプロを手にしたカスタマーたちが、どんな顔でコーナーを駆け抜けるか、今から見るのが楽しみだ」とコメントしています。

「アストンマーチン ヴァルカンAMRプロ」へのアップグレードは、「アストンマーチン」社のオーダーメイド部門『Q by Aston Martin』のワークショップで行われ、すでに1台目への作業が進行中とのことです。今年秋にはユーザーのもとへデリバリーされる予定です。


「アストン・マーティン ヴァルカン AMR Pro」:専用装備・スペック・価格

  • アストン・マーティンの24台限定ハイパーカー「ヴァルカン」に設定されるパッケージ
  • 新ブランド「AMR(アストン・マーティン・レーシング)」が開発を担当

専用装備

  • 上下2段、可変式フラップ採用により、ダウンフォースを1.3倍に向上するリアウイング
  • フロント大型リップスポイラー、カナード
  • カーボンファイバー素材を採用し5kg軽量化するエンジンフード
  • ホイールアーチルーバー

スペック

  • エンジン形式:V型12気筒DOHC 7L NA
  • 最高出力:811ps
  • ミッション:6速シーケンシャル
  • 駆動:FR

「アストン・マーティン ヴァルカン AMR Pro」:価格

  • ベースモデル価格(約3億円)+約2000万円(円換算)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。