【ポルシェ 911 RWB仕様 】964型のタルガトップの価格

この記事は2分で読めます

【ポルシェ 911 RWB仕様 】964型のタルガトップの価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911(930型)】「RWB」チューン1号機の価格

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

あわせて読みたい記事:【ポルシェ RUF 911CTR】ルーフイエローバードが復活!

アメリカにおける「RWB」社のチューンドポルシェの「二号車」がオークションに登場予定とのことです。世界屈指の「ポルシェ」チューナーとして有名なのが「中井 啓(なかいあきら)」氏であり、ポルシェ専門のカスタム工房「RAUH-Welt BEGRIFF(ラウヴェルト・ベグリッフ/以下RWB)」の代表です。

「RWB」社のチューニングの特徴は、なんといっても超がつくほどワイドでスパルタンなボディワークといえるでしょう。グラマラスなんて表現はすっかり超越したド迫力のオーバーフェンダーとRWB特注ホイールの組み合わせに、ゾクゾクするほど惚れ込んじゃう熱狂的なファンが世界的に急増しています。今回、登場する「ポルシェ 911(964型)」の「RWBチューン」はタルガモデルをベースとしており、おなじみワイドフェンダーが外観上の大きな特徴となっています。

なお「RWB(Rauh-Welt Begriff)」社は、世界中で多くの引き合いがあると聞きますが、代表の「中井啓」氏はオーダーがあると現地へ出向き、顧客と打ち合わせたうえで仕様を決定する、とのことです。

今回の911は「タルガ」ということもあってか(もともと”走り”を標榜するブランドなので、タルガがベースになるのも珍しい)いつものような大きなリアウイングは装着されず、かわりにダックテールスポイラーを装着しています。またエクステリアデザインは、全体的には大人しい仕上がりとなっています。

ホイールは深リム仕様のゴールドカラーがチョイスされています。

インテリアデザインは、スタンダードモデルのインパネを残しつつも、タッチパネルインフォメーションディスプレイシステムを装着しています。

気になる予想落札価格は、1,100万円程度とされていますが、アメリカにおける「RWBポルシェ第一号」が先日、落札価格:2,300万円で落札されたことを考えると「安すぎる」ような気もするといわれているようです。もしかすると「タルガボディ」が影響しているのが、その理由ではないかとも推測されているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。