【バットマン】販売中のバットモービルレプリカのクオリティが凄い

この記事は2分で読めます

【バットマン】販売中のバットモービルレプリカのクオリティが凄い

あわせて読みたい記事:【ホンダ シビックSi】漫画:ナニワトモアレのモデルカーが販売

あわせて読みたい記事:【プリマス ロードランナー】 ワイルドスピード劇中車のスペック

あわせて読みたい記事:【西部警察】 劇中に登場する大門軍団の名車・旧車がカッコいい!

イギリスのロンドン拠点の高級車ディーラーである、「ジェームズ・エディション」にて映画:「バットマン」の「バットモービル」のレプリカが販売中とのことで注目されています。

というのも他に販売する車は「ブガッティ・ヴェイロン」や「フェラーリ」、「ランボルギーニ」のレアモデルばかりを揃えており、その中でも異彩を放つ存在ではありますが、この「バットモービル」はレプリカながらも「バットモービル」のデザイナーである「ジョージ・バリス」氏からの「公認」とされているというのです。

実際にエキゾチックな「ランボルギーニ」、「フェラーリ」などのスーパーカーやハイパーカーに負けない「レア度」を誇ると言えるマシンです。

しかも、「バットモービル」のレプリカというのは数あれど、この個体は1966年のオリジナルTVシリーズに登場したもので、レプリカナンバーは「005(合計で何台が存在するのかは不明)」ということです。

映画に登場するオリジナルの「バットモービル」は、「ジョージ・バリス」氏によって「リンカーン・フッツーラ・コンセプト」をベースモデルにプロモーション用含めて4台製造されたと記録があります。

そして、その他にも許可を受け「公認」されたレプリカモデルも幾つか存在しているということです。

今回販売されるのは、1958年製の「フォード・サンダーバード」をベースモデルとしており、映画:「バットマン」のファンが制作したもの、とされています。

ただしその出来栄えには感嘆せざるを得ず、その情熱が評価されて「バットモービル」のデザイナーである「ジョージ・バリス」氏から5台めのレプリカ、つまり「005」を授かったというストーリーを持っているようです。

細部に至るまで忠実に「バットモービル」を再現しており、「バットマン」のエンブレム、レーダー、メーター、など自作しているものの仕上がり具合のクオリティは非常に高いです。さらに、エンジンなどのパワートレインとなるパーツ類もステンメッシュホースやアルミニウム製ラジエーターなど7、メッキパーツなども美しく仕上げられているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。