【トヨタ 86】 ドリフトでギネス世界記録樹立!その距離が凄い!

この記事は2分で読めます

【トヨタ 86】 ドリフトでギネス世界記録樹立!その距離が凄い!

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

あわせて読みたい記事:【ランキング】 「最も盗難されたモデル」:トップ10 アメリカ

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017年版

「トヨタ 86」は、自動車ファンにとってカスタムベースモデルとしても人気が高いだけでなく、走行性能も定評のあるモデルです。その「トヨタ 86」が「世界記録」を樹立ということで注目されています。これは「世界で最も長い距離をドリフト」というもので、正式にギネス記録として認定されています。

現在記録は登録中とのことですが、なんとその距離が驚きの「ドリフト距離:165.04キロ」もの距離をドリフトし続けたとのことなのです。ちなみにこの記録の前のレコードホルダーもやはり「トヨタ 86」で、その記録は「ドリフト距離:144キロ(2014年)」ということです。

記録の挑戦には5時間と46分、1000回以上のアタックを要したとのことで、その間に消費された体力やタイヤ、ガソリンは相当なものと言えそうです。同時にギネス認定を行う人も大変だったとようです。

記録を正確に計測するために「トヨタ自動車」は2基のGPSデータロガーを装着してオーバル状のスキッドパッド上を旋回させました。平均時速は29km/h、実に952週を旋回した、としています。記録達成にはタイヤや燃料がどれくらい保つかということも関係しそうで、そう考えると大排気量/ハイパワー車は途中でタイヤが摩耗しきったりガス欠になったりする可能性があり、「トヨタ 86」のような小排気量FRがこれには向いているのかもしれません。実に「トヨタ自動車」は、つい先日も「世界最速のSUV」という記録を樹立していますが、世界各地でなかなかに面白いことを行っているようです。


「トヨタ 86 GT ソーラーオレンジリミテッド」:スペック

  • 型式:DBA-ZN6型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,240 × 1775 × 1,320(mm)
  • ホイールベース:2,570(mm)
  • トレッド(F/R):1,520 × 1,540(mm)
  • 車両重量:1,240(kg)
  • エンジン型式:FA20型
  • エンジン形式:水平対向4気筒DOHC
  • 排気量:1,998(cc)
  • ボア × ストローク:86.0 × 86.0(mm)
  • 圧縮比:12.5:1
  • 最大出力:207ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:21.6kgm / 6,400 – 6,800rpm
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):ストラット / ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • 新車価格:3,251,880円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。