【アウディ R8 スパイダー V10プラス】ハイスペックモデル

この記事は2分で読めます

【アウディ R8 スパイダー V10プラス】ハイスペックモデル

あわせて読みたい記事:【アウディ R8 Star of Lucis】 スペック・価格

あわせて読みたい記事:【アウディ】 「R8 ファイナルファンタジー特別仕様」 画像

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

ドイツの高級車メーカーである、「アウディ社」が6月14日に、「アウディ R8スパイダーV10プラス」を発表しました。このモデルは、「アウディ R8」のオープンモデル、「アウディ R8スパイダー」の頂点に位置する高性能グレードのモデルです。

パワートレインとしてミッドシップに搭載されるエンジンは、自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」エンジンとなっており、エンジンスペックは最大出力は610hp、最大トルクは57.1kgmを発生する仕様に仕上げられています。

これは、「アウディ R8スパイダーV10 5.2FSIクワトロ」のエンジンスペックとなる、最大出力540hp、最大トルク55.1kgmに対して、70hp、2kgmの上乗せしたスペックです。

「アウディ社」によると、同社の量産エンジンとしては、最もパワフルということです。

組み合わせられるトランスミッションは、「7速Sトロニック」のトランスミッションです。駆動方式は、もちろん4WDシステムの「クワトロ」です。

またポテンシャルも凄まじく「アウディ R8 スパイダー V10プラス」は、0‐100km/h加速3.3秒、最高速328km/hの性能を発揮するポテンシャルを備えています。そして「アウディ R8スパイダーV10 5.2FSIクワトロ」との比較では、0‐100km/h加速は0.3秒短縮され、最高速は10km/h伸びました。

「アウディ」のオープンモデルで、最速のパフォーマンスを実現するモデルとなりました。

専用のバケットシートなどには、軽量なカーボンファイバー素材を使用しています。

ブレーキはセラミックを採用しています。エクスクルーシブデザインパッケージとして、専用のグリーンのボディカラーが設定されています。


「アウディ R8 スパイダー V10プラス」:概要・スペック

  • アウディのフラッグシップスポーツのオープン「R8スパイダー」に設定するハイスペックモデル

スペック

  • エンジン:V型10気筒 5.2L
  • 最高出力:610ps
  • 最大トルク:57.1kgm
  • ミッション:7速デュアルクラッチ「S tronic」
  • 駆動:4WD「Quattro」 
  • 車重:1587kg(通常のスパイダーから25kg軽量化)
  • 0-100km/h加速:3.3秒(-0.3秒)
  • 最高速度:328km/h(+10km/h)
  • アントラシートグレーグリル
  • ブラックテールパイプカバー
  • 19インチホイールのほか、オプションで20インチホイールを用意
  • インテリアに、ナッパレザー、グリーンステッチ、専用フロアマットを採用
  • 11種類のボディカラー、3色のルーフカラー、5色のサイドブレード、エクステリアとインテリア用のカーボンブラックまたはチタンブラックのアクセントなどを設定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。