「CBX400F(改)」 湘南純愛組 龍二仕様 カスタム まとめ

この記事は3分で読めます

「CBX400F(改)」 湘南純愛組 龍二仕様 カスタム

あわせて読みたい記事:「HONDA・CBX400F」 35年を経ても色褪せない魅力

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

ホンダの「CBX400F」といえば、80年代の名車であり、いまやプレミア価格で取引されている高級車ですよね。

今では70万~100万以上で取引されていますからね。

フルノーマルで程度が良い車両は、なんと200万円オーバーという信じられない価格になっているようです。

このバイクを「ビーエックス」の愛称で呼んでいた方も多いのではないでしょうか。

オリジナルの個体もあれば、定番カスタム(BEETカバー、RPM管、モリワキ管、ヨシムラ管、ダイシン管とかのマフラー等)からフルチューン仕様の「CBX」もあり、カスタムの仕方は様々ですね。

今回は、90年代に流行った「HONDA・CBX400F(改)プロアーム仕様」に注目してみました。

流行ったきっかけは、漫画:「湘南純愛組」でした。

この漫画でバイクや車に興味を持った人も多いはずです。しかも、旧車にね。

その「湘南純愛組」主人公「鬼爆コンビ」の「爆弾龍二」こと、「弾間龍二(だんま りゅうじ)」が乗っていた愛車でした。

 

www.suruga-ya.jp

(出典:http://www.suruga-ya)

このカスタムセンスありますよね。

まさに「シンプル・イズ・ベスト」のカスタムのお手本ともいうべき「龍二仕様」の「CBX400F」です。

www.hs-tamtam.co.jp

(出典:http:/www.hs-tamtam.co.jp)

  • カスタムポイント:(湘南純愛組 / 弾間龍二仕様)

「セパレートハンドル」、「フロントフォーク(CB400SF)」、「フロントホイール(CB400SF)」、「フロントブレーキ(CB400SF)」、「リアサスペンション(NC30)」、「片持ち式プロアーム(NC30)」、「リアブレーキ(NC30)」を装備しているところです。4in1集合管のブラックカラーのマフラーもポイントですね。

 

そして、「龍二仕様」のプロアーム仕様をさらにフルカスタムしている「CBX400F」があります。

この「龍二仕様」を実写で再現するとこうなるの写真をアップです。

 

blog.goo.ne.jp

(出典:http://blog.goo.ne.jp)

カッコいいですよね。

 

blog.goo.ne.jp2

(出典:http://blog.goo.ne.jp)

倒立フロントフォークへ変更、NC30用フロントフォーク、ステンメッシュブレーキホースへ変更。

メーターはオリジナルからデジタルメーターに変更されています。

エンジン:CBX400F → CBX550Fへスワップ、キャブレター変更、「アールズ製」オイルクーラー追加、マフラー「ヨシムラサイクロン」。

 

blog.goo.ne.jp3

(出典:http://blog.goo.ne.jp)

NC30用リアプロアーム、リアホイール、ブレーキなどカスタム多数。

バーハンドル仕様なのでリアをリフトアップしていますね。

まさにフルチューンの「CBX400F(改)」となっています。

続いては「CBX400F」の懐かしいカスタムからフルチューン仕様まで。

 

  • 定番の「BEET」&「RPM管」装着カスタム

www.kandf.jp

(出典:http://www.kandf.jp)

「CBX400F-II」の黒/赤カラー、アンダーカウル、ナポレオンミラー、クリアレンズ。

www.uematsu.co.jp

(出典:http://www.uematsu.co.jp)

「I型」のフル「BEET」&「RPM管」仕様もイイですね。

 

  • フルカスタム仕様の「CBX400F-II」

www.nikotama-kun.jp www.nikotama-kun.jp2 www.nikotama-kun.jp3 www.nikotama-kun.jp1

(出典:http://www.nikotama-kun.jp)

オリジナルはタンクとテール周りくらい?

これ以上、カスタムするところがないほど、手が加えられている車両ですね。

 

  • ペイント変更でセンス良く仕上げている「CBX400F(改)」

blogs.yahoo.co.jp1 blogs.yahoo.co.jp2

(出典:http://blogs.yahoo.co.jp)

カスタムポイント:カラーは、ホワイトベースにレインボーフレーク塗装、外装は「II型」の赤/黒用ラインを使用してのキャンディグリーン&パール塗装、ホンダウイングは「CB1100F」用。フロント&リアの足回りは「CBR400R」を流用。「FCR」キャブレター、「ヨシムラサイクロン」などフルカスタムの「CBX400F(改)」です。

blogs.yahoo.co.jp

(出典:http://blogs.yahoo.co.jp)

センス良くカスタムしてありますよね。カッコいいです。

 

  • 「CBX400F」フルノーマル

Honda_CBX400F

(出典:wikipedia)

こうしてみると、フルノーマルもマフラーが独特の曲線美が美しくカッコいいですね。

 

  • まとめ

今回は、特に「湘南純愛組」の「龍二仕様」に注目しましたが、それは、プロアーム仕様の「CBX400F」の流行のきっかけとなったカスタムでした。

「定番カスタム」~「フルチューン」まで数多くのカスタム車両があり、今も絶大な人気を誇る「HONDA・CBX400F」ですが、どのタイプがお好みでしょうか。

私にとっては、青春時代に流行った「プロアーム仕様」が懐かしくて好みのカスタムなんですよね。

関連記事:「HONDA・CBX400F」 35年を経ても色褪せない魅力

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。