【RMオークション】300SLのノンレストアの極上個体が競売に

この記事は2分で読めます

【RMオークション】300SLのノンレストアの極上個体が競売に

あわせて読みたい記事:【FJ40ランドクルーザー】極上オリジナルが競売で高額落札か?

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 映画に登場のインプレッサWRXが競売に

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニディアブロGT】限定80台の最強モデルが競売に

1950年代中期に登場した「メルセデス・ベンツ」の「300SL」というモデルは「ガルウィング・ドア」を採用し、最初のスーパーカーだという説もあるほど、美しさ、ポテンシャルを備えた名車です。1954年の発表当時、「300SL」は確かに他のどのクルマとも違っていました。パワースペックの最高出力は212hpを発揮し、搭載するエンジンは直列6気筒直噴エンジンという画期的なエンジンで、世界最速の市販車でした。しかも、モータースポーツにおける輝かしい戦績と、今でも人目を惹くガルウイング・ドアによって、メルセデス・ベンツのクラシックなクーペ の中でも特別な地位を保ち続けています。今回の鮮やかな赤い1957年型の「300SL」は、アメリカのフロリダ州フォートローダーデールで行われるRMサザビーズのオークションに登場します。

このシャシー・ナンバー 7500071は、最後から5番目に製造された「300SL」で、過去に所有したのは3人のオーナーだけとなっています。さらに最後のオーナーが買い取った後、1968年から40年以上もの間、「ACD(Auburn Cord Duesenberg)オートモービル・ミュージアム」に展示されていました。それゆえにボディ表面には艶が見られるが、今までレストアされたことはなく、オリジナルの塗装がほとんど保たれている貴重な個体なのです。走行距離計の示す「3万6,375マイル(約5万8,540km)」という数字は、1968年以降増えていません。

ダッシュボードには純正オプションのベッカー・メキシコ製ラジオが装備されています。もう1つ特筆すべき点は、落札価格の全額がミシガン州ジャクソンのYMCAに寄付され、新たな施設の建設資金になるということです。この「300SL ガルウィング」の予想落札価格は、「100万〜130万ドル(約1億740万〜1億4,000万円)」となっています。

当時の純正オプションだったというブラックのレザーシートには裂け目など見当たらないものの、長い年月によって色が落ちてしまっています。それでも、これと同じレザーは現在入手困難とのことだが、今なら当時と同じサプライヤーから供給されている、純正と同じ素材を使ったチェック柄のクロスを使ってシートを張り替えることも可能です。

メルセデス・ベンツ・クラシックは、ブルー&グレー、レッド&グリーン、グリーン&ベージュという3種類のギャバジンの布地を復刻しており、これらはメルセデス・ベンツのディーラーから入手できるようです。当時の「300SL」のシートには、ブルー&グレーのチェック柄クロスを張ったものが多く、オプションのレザーは600マルクという価格が付けられていました。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。