【日産 フェアレディZ(Z31型)】 RB25改載せ替え仕様

この記事は2分で読めます

【日産 フェアレディZ(Z31型)】 RB25改載せ替え仕様

あわせて読みたい記事:【日産 Z31 フェアレディZ】VG&RB搭載ナローシルエット

あわせて読みたい記事:【300ZX IMSA GT-S】 「イムサ」で活躍したZ32

あわせて読みたい記事:【日産・フェアレディZ(S130型)】  西部警察スーパーZ

「フェアレディZ(Z31型)」は、エアロダイナミクスを重視して、エクステリアデザインをシェイプアップして1983年9月に登場しました。搭載されていたエンジンは、それまでの直列6気筒の「L型」から新世代V型6気筒エンジンである、排気量:2,000cc V型6気筒SOHCターボの「VG20ET型」と3,000ccモデルの「VG30ET型」、日本国外向けにはNA(自然吸気)の「VG30E型」で全グレードにV型6気筒エンジンを搭載しました。1985年10月においては、直列6気筒の「RB20DET型」モデルが設定されました。実に排気量:3,000ccの「VG30ET型」エンジンは当時としては大パワーを誇り、ターボチャージャーは2.0 L/3.0Lモデルともにギャレットエアリサーチ製の「T03型」タービンを使用しています。最大出力:230ps/5,200rpm、最大トルク:34.0kgm/3,600rpmというスペックでライバルとされた「トヨタ スープラ」に搭載される「7M-GTEU型」エンジンが出るまではトップクラスの出力を誇り、Cd値:0.31というエアロダイナミクスに優れた欧州向けモデルでは、最高速度:250km/hオーバーのポテンシャルでした。


「日産 フェアレディZ(Z31)」:スペック

  • 型式:E-Z31型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,335 × 1,690 × 1,295(mm)
  • 室内全長 x 室内全幅 x 室内全高:860 x 1,440 x 1,075 (mm) 
  • ホイールベース:2,320(mm)
  • 最低地上高:150(mm)
  • トレッド(F/R):1,415 × 1,435(mm)
  • 車両重量:1,215~1,365(kg)
  • エンジン型式:VG20ET型 / VG30DE / VG30ET / RB20DET
  • エンジン形式:水冷V型6気筒 SOHC 12バルブ ターボ(VG型)
  • 排気量:1,998(2,960・VG30ET)(cc)
  • ボア × ストローク:78.0 × 69.7(87.0 × 83.0・VG30ET)(mm)
  • 圧縮比:8.0:1(7.8:1・VG30ET)
  • 最大出力:170ps / 6,000rpm(230ps / 5,200rpm・VG30ET)
  • 最大トルク:22.0kgm / 4,000rpm(34.0kgm / 3,600rpm・VG30ET)
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):215/60R15
  • 0-400m加速:14.2秒(300ZX)
  • 最高速度:234.91km/h(300ZX)

「1986年式 日産フェアレディZ」:スペック

年式:1986年式

型式:PZ31型

カスタム内容:ノーマルルーフ、ツートンカラー(ゴールド/ブラウン)、RB25型エンジン載せ替え、スポーツインジェクション、5速マニュアルシフト、 パワステ+エアコン(快適仕様)、内装「フェアレディZ ZR2」交換、本革レカロシート×2、追加メーター、車高調整式サスペンションシステム、RB20用(R12)、オーバーフェンダー、フルエアロ、リアスポイラー、マフラー…etc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。