【FJ40ランドクルーザー】極上オリジナルが競売で高額落札か?

この記事は2分で読めます

【FJ40ランドクルーザー】極上オリジナルが競売で高額落札か?

あわせて読みたい記事:【RMオークション・アメリア】 高額落札ランキング:BEST5

あわせて読みたい記事:【バレットジャクソンオークション】落札された旧車~新型車14選

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 映画に登場のインプレッサWRXが競売に

日本国内においては、あまり見かけることはなくなった「FJ40型:トヨタ・ランドクルーザー」ですが、世界ではまだまだ活躍しています。しかし、オリジナルの状態が良いものは皆無かもしれません。今回の世界で最も完璧と言えるほど状態の良い1978年式の「FJ40型:トヨタ・ランドクルーザー」が現在、レストアもカスタムもされていない保存状態の優れたオリジナルのモデルがオークションに出品されており、その入札額は現在ドルで6桁に上っているということです。中古車オークションサイト『Bring A Trailer』に出品されているこのグリーンの「FJ40型」は、走行距離わずか「5,265マイル(約8,473km)」です。ほとんど使用しないまま納車からわずか1年足らずで、最初のオーナーはクルマを倉庫に保管することを決めたようです。カーペットの卸売をしていたオーナーは、内側にカーペットを張った木枠を作ってこの「ランドクルーザー」を収め、それを倉庫の壁に掲げ仕事のモチベーションにしていました。そして、いつか壁から降ろし、このクルマで北米中の国立公園を訪れる計画を立てていたというのです。この話から我々が学ぶべき教訓は「今を生きる」ということでしょう。オーナーは夢を叶えることのないまま2000年に他界してしまいました。その後、この「FJ40型」は男性の遺族によって、「ランドクルーザー」のレストアを手掛けることで有名な「ジョナサン・ワード」氏に売却されることとなりました。二十数年ぶりに整備を受けた「FJ40型」は、同氏の友人に売却されたが、いま再び買い手を求めています。その状態は、新車同様にパーフェクトです。旧い4輪駆動車をレストアして販売する「Icon」社や、「ランドクルーザー」の整備・部品販売などを行う「TLC4x4」を経営する「ジョナサン・ワード」氏によると、この「FJ40型」は「信じられないほどオリジナルに近いコンディションで、塗装もオリジナルのまま、錆なども一切見当たらない。専門家が知る中では世界で最も状態の良い個体」であるということです。「ジョナサン・ワード」氏の「Icon」社では、旧いFJ型ランドクルーザーに現代のドライブトレインや装備を組み合わせ、快適なクルマに仕上げて販売しています。しかし、今回売りに出されている「FJ40型」はそれとは逆に、2000年に装着されたアフターマーケットの空調システムを除けば工場から出た状態のままだ。それも簡単に取り外して元に戻すことができるようになっています。「Bring A Trailer」では、最初に「8,000ドル(約86万円)」と「9,000ドル(約96万円)」という低い金額の入札があったが、それから「8万4,000ドル(約900万円)」、「10万ドル(約1,072万円)」と一気に高騰しました。オークションが終了するのは日本時間で2018年4月7日の午前4時。その時、果たしていくらで落札されることになるのだろうか。

出典:autoblog.jp

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。