【DPモータースポーツ 911RS 3.5エボリューション】

この記事は2分で読めます

【DPモータースポーツ 911RS 3.5エボリューション】

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911(930型)】「RWB」チューン1号機の価格

あわせて読みたい記事:【フェラーリ テスタロッサ】「ケーニッヒ」モデル・仕様スペック

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディZ】S30型BMD仕様の鈴鹿最速スペック!

ドイツのチューニングメーカーの「DPモータースポーツ」社が1974年製の「ポルシェ 911RS」をチューンし、新たに「911RS 3.5エボリューション」として発表しました。これによると「1000箇所以上の変更を加えた」とのことで、確かに見える範囲でも大幅な変更が施されています。ボディパネルの多くはカーボンファイバーとグラスファイバーによる強化プラスチックで覆われ、サイドウインドウまでプレクシグラスへと変更されて、これら軽量化に加え燃料タンクもカーボン製、バッテリーもレース用へと置き換えることで重量はなんと940kgに抑えることに成功しています。

パワートレインとなるエンジンは「911RSR」用のカムシャフトの採用などによってチューニングが施されており最大出力:365psにまで引き上げられ、ギアレシオをローギアード化することで加速重視のセッティングへと変更している、とのことです。

またストッピングパワーを強化するためにブレーキシステムは「911ターボ3.3」からの移植、足回りとなるサスペンションはH&R製、ホイールはフックス製をチョイスしています。

インテリアの軽量化も徹底的に手が加えられており、フルロールケージが入りシートもカーボン製(しかも重量を抑えるためにレールを介さず直接ボディに取り付けてある)となっています。


「DP Motorsport 911RS 3.5エボリューション」:スペック

  • ドイツのチューナー「DPモータースポーツ」が手がけた1974年式ポルシェ「911」
  • エンジンの出力アップとあわせ、カーボンやFRPなどの素材を使い軽量化

スペック

  • エンジン:水平対向6気筒 3.5L
    独立スロットル、デュアルイグニッション、ハイスペックカムを採用
  • 最高出力:365ps
  • トランスミッション:5速MT
    ギヤ比をショート化し、加速性能をアップ
  • 車重:940kg
  • ボディパネルをカーボン、FRPにし軽量化
  • ウィンドウをアクリルガラスに変更
  • 15インチのホイールにフロント225/55、リア335/35のミシュラン製セミスリックタイヤを装着
  • スポーツサスペンション
  • 調整式スタビライザー
  • 大容量ブレーキ
  • 80Lカーボン製燃料タンク
  • 軽量モータースポーツバッテリー
  • ロールケージ
  • カーボン製のシート、インテリア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。