【ジル・ヴィルヌーヴ】エンツォ寄贈フェラーリ308GTSが競売

この記事は2分で読めます

【ジル・ヴィルヌーヴ】エンツォ寄贈フェラーリ308GTSが競売

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニディアブロGT】限定80台の最強モデルが競売に

伝説的F1ドライバーと名高い、故「ジル・ヴィルヌーヴ」氏が生前当時において日常的に乗っていた「フェラーリ・308GTS」がオークションに登場予定とのことです。

「ジル・ヴィルヌーヴ」氏は1978年に「スクーデリア・フェラーリ」よりF1デビューを飾っていますが、同じ年に「フェラーリ・308」が発売されています。

この際に故「エンツォ・フェラーリ」氏は、「ジル・ヴィルヌーヴ」氏に送ったのがこの「フェラーリ・308GTS」、とのことです。

なお、「ジル・ヴィルヌーヴ」氏がこの「フェラーリ・308GTS」を受け取ってモンテカルロの自宅まで運転して帰った際、270マイルの距離を2時間半で帰ったと言われており、つまり平均時速112キロで走ったということになります。当時でもこの区間は5時間程度かかると言われており、いかに彼が高い速度を維持して走ったかがかわります。

「ジル・ヴィルヌーヴ」氏は残念ながら1982年のベルギー・グランプリにて事故死を遂げますが、その後この車両はマラネロに(フェラーリ本社)へと戻り、二年後にフェラーリは新しいオーナーへとこれを売却しています。

その後2010年にデンマークのオーナーがこれを購入し、その二年後にマラネロの「ムゼオ・フェラーリ(フェラーリ博物館)」で開催されたイベントにてこれが展示されることになりました。

なおボディカラーはレッド、インテリアはタンレザーという「典型的な」フェラーリのカラーコンビネーションを持っています(シートの黒いラインはあまり見かけないもの)。故「ジル・ヴィルヌーヴ」氏の息子が「ジャック・ヴィルヌーヴ」氏ですが、こちらも父親の名に恥じぬ活躍を見せており、(ニコ・ロズベルグとあわせて)数少ない「結果を残した二世ドライバー」でもあります。

今回は、「RMサザビーズ」が開催するオークションへと出品されることになりますが、走行距離は、37,000kmと年式の割には少なく、「ジル・ヴルヌーヴ」氏以降のオーナーは大事にこれを「保存」していたであろうこともわかります。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。