【トヨタ 222D】MR2ベースの生産台数2台の幻のラリーカー

この記事は2分で読めます

【トヨタ 222D】MR2ベースの生産台数2台の幻のラリーカー

あわせて読みたい記事:【トヨタ 2000GT】東京モーターショーの貴重な1台は米国に

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカLB】 D1GP:RSワタナベ仕様・スペック

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

「トヨタ」社が「トヨタ メガウェブ」において「トヨタ MR2」をベースとして開発していた幻のラリーカー、「222D」を公開しています。この初代「トヨタ MR2(AW11型)」をベースとしたモデルで、「FIA」がグループBにつぐカテゴリーとして「グループS」を企画し、「トヨタ」がそのレギュレーションに対応したレース用車両としてプロトタイプを作成したもの、とされています。正式なモデル名というのは不明のようです。なお「FIA」が急に「グループS」から「グループA」へと計画をスイッチしたため、「トヨタ」は「222D」の開発プロジェクトを停止せざるを得ない状況になったということです。

1984年にスタートした開発は1987年に終焉を迎え、制作されたのはわずか2台という貴重な「トヨタ 222D」ですが、一台は「ヨタ・モータースポーツ本社(イギリス)」、もう一台は現在「トヨタ・メガウェブ」に展示されている、とのことです。パワーユニットは、「3SG型」エンジンを搭載して最大出力:500ps以上となっています。

ブラックのボディカラーの個体はイギリス、ホワイトのボディカラーが日本にあるそうですが、ブラックボディは迫力があり、「グループS」車両を強く感じるインパクトがあります。なおグループBについてはメーカーにとって参入障壁が低く(ホモロゲーション獲得が容易)、かつ大幅な改造が認められたことで多くの強力なマシンが参加していました。

一例を挙げるならば「アウディ・スポーツ・クワトロ」、「トヨタ・セリカGT-TS」、「フォードRS200」、「プジョー205ターボ16」、「ランチア・ラリー」、「ランチア・デルタS4」、「ルノー・マキシ・ターボ」などが参戦していました。改造の許容範囲が広かったために性能はどんどん向上し、中には0-100km/h加速:1.7秒というF1マシン並の加速を誇る「グループS」ラリーマシンがあったと言われています。しかし高性能が災いしてか1986年には観客を巻き込む死亡事故が発生し、そのままカテゴリが消滅することとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。