「BOOM BOOM SATELLITES」 「活動終了」の理由とは?

この記事は2分で読めます

日本のみならず、ヨーロッパでも大変人気のロックユニット「BOOM BOOM SATELLITES」ですが、「活動終了」の発表がありました。

先日、5月31日の公式サイトの中で2016年6月22日に発売するニューアルバムを発売をもって「BOOM BOOM SATELLITES」の活動を終了するとの発表を行いました。

以前から懸念されていた病気が理由です。

 

  • 病気とは?

live-concert-388160_640

「BOOM BOOM SATELLITES」のボーカル&ギター「川島道行」さん(46歳)が脳腫瘍による麻痺(まひ)などの後遺症で活動を続けるのが困難となったためと説明しています。

「川島道行」さんは、1997年に初期の脳腫瘍が見つかりました。

その後、これまでに3度の手術を受けておられます。

そして、2015年11月には、体調不良のため、5日の大阪公演、同7日の東京公演を中止しておられました。

「川島道行」さんは、女優の「須藤理彩」さん(39歳)と2006年に結婚し、2人の子どもさんがおられます。

ベース&プログラミングの「中野雅之」さん(44歳)は、こう語っています。

「ひと足早く聴いてくれた人達は一様にこの作品を『アルバム』と呼んでくれます。実際、川島はアルバムを作りたがっていました。『遂に10枚目のアルバムが完成した』と、僕は言い切ってしまおうと思います。バンド史を締め括るのに相応しい作品です」とアルバムについて紹介したのちに続けて「そしてこれが「BOOM BOOM SATELLITES」の最後の作品になります。理由は川島道行の脳腫瘍による麻痺などの後遺症です。現在、川島道行はミュージシャンとしての役割を終えて家族と共に穏やかな毎日を過ごしています。言葉はゆっくりですが話せます。手足は不自由になってきて車椅子を使う機会も増えました。正確な意思の疎通が難しいので、今彼が何を考えて何を思って毎日を過ごしているのか、僕でも少し理解しきれない時があります。しかし、この作品を作りきった充実感や達成感は感じていると思います。僕には本当に燃え尽きてしまった抜け殻のようにも見えます。『お疲れ様!』と声をかけてあげて欲しい」とボーカル&ギター「川島道行」さんについて話しています。

そして、「あともう一息でデビュー20周年というところでしたが音楽家、川島道行との旅もあともう少しで終わろうしています。川島くんと一緒に数え切れないほどの景色を見てきました。何を思い返しても簡単な事は無かった。思いのままジタバタして、もがいて、駆け抜けてきました。振り返るとどれも素晴らしく、誇らしく、思い出達はキラキラと輝いています。ゴールまでもう少し。6月21日、みんなにこの作品を聴いてもらえる事を楽しみにしています」と長年音楽活動を共にした仲間への感謝を述べています。

ロック業界に革新的なサウンドと圧倒的なステージパフォーマンスでファンを魅了してきた「BOOM BOOM SATELLITES」。

活動を終了するもの、彼らの音楽は時代を超えて世界の人々に愛されていくことでしょう。

これからは、病気との闘いという厳しい現実がありますが、家族の支えとファンの応援のもとに頑張ってほしいですね。

また、これまでの多忙な生活から家族との貴重な時間をたっぷりと楽しいんでほしいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。