【ホンダ シビックSi】漫画:ナニワトモアレのモデルカーが販売

この記事は2分で読めます

【ホンダ シビックSi】漫画:ナニワトモアレのモデルカーが販売

あわせて読みたい記事:【ホンダ NSX】生産数17台のスーパーチャージャー装着モデル

あわせて読みたい記事:【湘南爆走族】 キャラクターと伝説と呼ばれる名車たち まとめ

あわせて読みたい記事:【ホットロード】 映画に登場する旧車がバイクファンを唸らせる!

カスタムショップ「K-BREAK」のマンガ:「ナニワトモアレ」のモデルカーとして活躍した「ホンダ シビックSI(ワンダーシビック)」が販売されることになっています。

1983年3代目にモデルチェンジし、1.6リッター直列4気筒DOHC 16バルブ・エンジンを搭載する「シビック Si」が登場したのが1984年でこの「シビック Si」が発表されたときは「世界最高峰の自動車レースであるF-1レースで培かったホンダ独自のエンジン技術を基に開発した」と発表されました。

実際にスペシャルモデルとして登場した「シビック Si」のエンジンは排気量:1,590ccで最高出力:135ps/6,500rpm、最大トルク:15.5kgm/5,000rpmを発揮する「ZC型」エンジンを搭載していました。しかもこのエンジンは、4バルブ内側支点スイングアーム方式のシリンダーヘッドや、2本合わせてもSOHCカムシャフトの1本分以下という軽量な異形中空カムシャフトのような「世界初」を謳う新技術をはじめ、「小型軽量の4連アルミシリンダーブロック」「火炎伝播と燃焼効率にすぐれたペントルーフ形燃焼室やセンタープラグ方式」「吸排気の脈動効果にすぐれた等長インテークマニホールドや4-2-1-2のエキゾーストシステム」など、「エンジンのホンダ」と誰もが認める様々な技術が投入されていました。

サスペンションシステムはフロントは、コイルスプリングを持たないトーションバー・ストラット式を採用していました。リアは「車軸式」とも呼ばれるトレーリングリンク式ビーム・サスペンションを採用していました。標準タイヤは185/60R14を装着し、ブレーキシステムはフロントのブレーキにはベンチレーテッド・ディスクが奢られるが、リア・ブレーキはリーディング・トレーリング式ドラムというものでした。

エクステリアデザインは、白いボディに赤・黒・金のカラーリングで1987年の全日本ツーリングカー選手権6戦全てにおいてクラス優勝を成し遂げた「無限MOTULシビック」のレプリカカラーとなっています。

気になる仕様・チューニング内容については全て秘密とのことで詳しいスペックは不明となっています。

それでも、ボンネットの「パワー・バルジ」は、DOHCエンジンを積む「Si」の証とえるデザインにボンネットとリア・スポイラーに、「南勝久」先生直筆と思われる「ナニワトモアレ」のキャラクターとサインが描かれているのが特徴です。


「ホンダ シビックSi(K-BREAK:ナニワトモアレ仕様)」:スペック

カスタム内容:ホワイトベース、レッド+ゴールド+ブラック(塗装)、文字等はカッティングシート、後期バンパー純正リップ付、
大阪JDM「悪ッ羽」、大阪JDM「フロントCIVICハチマキ」、大阪JDM「ワンオフサイドマフラー」、無限「ト―ションバー」、日正タイヤ「ワンオフ車高調」、WORK「MEISTER CR01ホイール 15インチ」、ブリヂストン『SNEAKER 165/55-15』、無限「ロールバー6点」、バケットシート(運転席)、サベルト3点シートベルト、MOMOハンドル(ホーンボタン無)、内装レス、ETC、タワーバー..etcといったカスタムが施されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。