【BMW M8 GTE】市販車よりも先にデビュー!スペックは?

この記事は2分で読めます

【BMW M8 GTE】市販車よりも先にデビュー!スペックは?

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911 RSR】ミッドシップ仕様の勝つためのマシン

あわせて読みたい記事:【BMW ミニ JCW GP】 コンセプトモデルの仕様スペック

あわせて読みたい記事:【BMW M2 CSR】ライトウェイトパフォーマンスモデル仕様

「BMW」は『フランクフルトモーターショー2017』で、2018年のWEC世界耐久選手権やIMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップに投入するレーシングモデルの「BMW M8 GTE」を初公開しました。

2016年9月に2018年シーズンからのWEC参戦を表明した「BMW」は、2017年5月には新型の「BMW M8」をベースとしたレーシングカーを開発していることを明らかにし、7月にはドイツ・ラウジッツリンクでシェイクダウンを行っていたと発表していました。

注目の「BMW M8 GTE」のパワーユニットは、V型8気筒ツインターボエンジンを搭載しています。

排気量はレギュレーションに沿って4リッターに制限されているものの、ノーマル状態で最大出力:500馬力を発生させるポテンシャルを備えています。このエンジンを開発するにあたり、「BMW」は経済性と耐久性を追求したといい、シリンダーブロックとシリンダーヘッドは市販車用エンジンから流用しながら、同社が誇るアルミ鍛造技術を活用したということです。

またトラクションコントロールのシステム開発などには、最新の人工知能を駆使した『バーチャルディベロップメント』が採用されたほか、パーツの試作には3Dプリント技術を投入しています。

バーチャルディベロップメントから24時間後にはプロトタイプパーツを作り上げるなど、効率化が図られているようです。

マシンのデザインは市販モデルの「BMW 8シリーズ」や「BMW M8」との関係性を維持しながら行われ、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)を多用して、車重はわずか1220kgに抑えられているという軽量化が図られています。

エアロデザインにはCFDを使いながら、「BMW」が市販車開発に使用しているエアロラボも活用し、各パーツの製造には最新の3次元測定技術を用いた品質管理策を導入しています。マシンはファクトリーで1台ずつ手作業で組み立てられるハンドメイドマシンなのです。「BMWモータースポーツ」の代表の「イェンス・マルカルト」氏は、「BMW M8 GTEは、GTカーのフラッグシップとなるモデルで、このカテゴリを戦う強力なライバルたちに戦いを挑むマシンとなる。(2018年1月の)デイトナ24時間で実戦デビューする前に、このIAA(フランクフルトモーターショー)でカモフラージュを施していないM8 GTEをお披露目するのは、我々にとって重要なステップだった。WECとIMSAはこの新型マシンが戦いを挑むのに最適なシリーズだ。このBMW M8 GTEとともに、ル・マンでの伝統を守りながら、国際的なGTカーレースに最先端技術を持ち込んでみせる。マシンの開発はスケジュールどおりに進んでいて、2018年シーズンはこのマシンが勝利を争う姿を目にできるはずだ。」とコメントしています。


「BMW M8 GTE」:スペック 

  • BMWが市販化を予定する「8シリーズ」に用意されるハイパフォーマンス「M8」をベースにしたレーシングカー
  • 2018年の世界耐久選手権(WEC)のGTEクラスに参戦

「スペック」

  • エンジン形式:V型8気筒 4L ターボ
  • 最高出力:507ps(レギュレーションにあわせ制限)
  • トランスミッション:6速シーケンシャル
  • 車重:1220kg
  • カーボンファイバー製のクラッチ、ドライブシャフト、LSD
  • 18インチホイール&ミシュラン製タイヤ
  • サーキット用専用エアロパーツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。