【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

この記事は2分で読めます

【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン GTS-R】ETC仕様のレストア完了する

あわせて読みたい記事:【アクティブ R32GTR】フルカーボンワイドボディ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

スカイラインの中でも「R33型:GT-R」はポテンシャルを秘めていながら、「R32型:GT-R / R34型:GT-R」に比べて影が薄いと感じているファンは少なくないようです。それでも「R33型:GT-R」は、多くの記録やポテンシャルを備えています。

  • (出典:topgear.com)

どのような活躍したのか一例を挙げるならば、1990年を最後に中断していた「日産」のル・マン24時間耐久レースへの挑戦は1995年に再開されました。クラスは、GTクラスに参戦することになりますが、「R33型:スカイラインGT-R」をベースにした通常の改造だけで上位入賞は困難を極めていました。

そこで「NISMO(ニスモ)」は、「R33型:スカイラインGT-R」を大幅にカスタマイズしたル・マン専用GTカーとして「NISMO GT-R LM」を製作して挑むこととなりました。

当時のル・マン24時間耐久レースには「GTクラスに出場する車両は一般公道を走行できるロードカーが存在しなければならない」という規定がありました。

そのため、「NISMO(ニスモ)」は「NISMO GT-R LM」のベース車となるロードカーを1台製作のうえイギリスで一般車両として登録し、公認を取得したのでした。

  • (出典:topgear.com)

実際、「NISMO GT-R LM」となる、このクルマは1995年に製作されたロードカーで、ラジエーターやオイルクーラー、ブレーキなどの冷却性能を高めるエアロパーツや大きく膨らんだ前後のフェンダー等が市販仕様とは大きく異なるほか、エンジンも本戦への出走を想定した部品の採用およびチューンナップが施されていました。しかし、モデルは市販はされませんでした。

  • (出典:topgear.com)
  • ヒストリーとして「日産」のル・マン初挑戦は1986年と「R33 GT-R」から振り返ると10年という月日が流れています。ちなみに1986年のこの時のマシンは「ニッサンR86V」と「ニッサン 85V」でした。その後、1990年まで5年間続けられましたが、車両規則が変更されたことなどから中断しました。そして、1995年、国内の熱心な日産ファンの支援を受け、「NISMO(ニスモ)」が日産ワークスに代わってル・マンに挑戦することとなりました。マシンは「R33型:スカイラインGT-R」ベースのGTカー、ハンディのあるこのマシンでしたが、1995年総合10位・クラス5位、1996年には総合15位・クラス10位の成績を残しました。しかし、その後、ル・マン24時間耐久レースでは市販車ベースのマシンで優勝することは困難なため、再び日産が本格的なGTカーを開発して挑むことになりました。

「スカイライン ニスモ GT-R LM(ル・マン公認用ロードカー)」:スペック

  • 年式:1995年
  • 型式:BCNR33
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,675mm × 1,880mm × 1,300mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • トレッド(F/R):1,550 / 1,580mm
  • 車両重量:1,580kg
  • エンジン型式:RB26DETT
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC IC ツインターボ
  • 排気量:2,568cc
  • 最高出力:224kW(305ps) / 6,800rpm
  • 最大トルク:372N・m(38.0kgm) / 4,500rpm
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン・コイル
  • ブレーキシステム(F/R):4ポットベンチレーテッドディスク / 2ポットベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):265-35-R18

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。