【ヤマハ RZ250改】 初期型4L3型カスタム仕様・スペック

この記事は2分で読めます

【ヤマハ RZ250改】 初期型4L3型カスタム仕様・スペック

あわせて読みたい記事:【ホットロード】 映画に登場する旧車がバイクファンを唸らせる!

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【湘南爆走族】 キャラクターと伝説と呼ばれる名車たち まとめ

「RZ(アールゼット)」といえば、「ナナハンキラー」と呼ばれるほど軽快、快速マシンとして人気があります。YAMAHA独特の水冷2STエンジンサウンドも魅力の「RZ」は、1980年8月に「RD」の後継モデルとしてデビューしました。ちなみに輸出仕様の「RZ」は、「RD」として輸出されていました。「RD」の名称を引き継いでいない理由としては、「R」はYAMAHA社内で「350cc」を意味するコードネーム、「Z」は「水冷」を意味しています。加えてアルファベット最後の文字であるゆえに「究極」の意味も含まれています。開発コンセプトは「正真正銘の最期の2ストロークスポーツ」でした。エンジンはレーサー譲りのものが搭載されています。市販レーサーの「TZ」と同等のボア×ストローク(54mm×54mm)に水冷2サイクル並列2気筒で最高出力は35PSを誇りました。リッター当たりのパワーは、なんと140PSです。パワーウエイトレシオは、3.97kg/PSと400ccクラスのポテンシャル以上の性能を発揮し「400キラー」とも呼ばれていました。しかし、フロントシングルディスク、リアはドラムというストッピングパワーに難があり、2STのエンジン自体のエンジンブレーキが利かないこともあって350ccの足回りを移植するカスタムが多くありました。


 

「RZ250(4L3型)」スペック

  • エンジン形式:2サイクル水冷並列2気筒
  • 排気量:247cc
  • 最大出力:35PS / 8,000rpm
  • 最大トルク:3.0kgm / 8,000rpm
  • 全長:2,080mm
  • 全幅:740mm
  • 全高:1,085mm
  • 車両重量:139kg
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / モノショック
  • ブレーキ(F/R):ディスク / ドラム
  • 価格(当時):354,000円

    「ヤマハ RZ250改」:スペック

  • 型式:4L3型
  • 走行距離:24,574km(ワンオーナーではないため定かではありませんが、車両の状態から、メーター交換はしておらず実走行だと思います)、灯火類(フロントライト・前後ウィンカー、テールランプ、ホーン、パッシング等)正常に動作いたします。
  • カスタム内容:ハイオク仕様、エンジンオイル給油方式(分離給油)、キャブレター:ニードルバルブ(RZ350用)、前後足回り(「スズキ RGV」流用、社外製バックステップ)、片側2本出チャンバー、フロントブレーキ(社外ブレーキホース)、社外製スプロケット、ステアリングダンパー(フロントフォーク50φ用)、「YUZO クロスチャンバー」もあり…etc
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。