「YAMAHA・XJ400」 洗練された軽量・スリム・コンパクト

この記事は3分で読めます

「YAMAHA・XJ400」

あわせて読みたい記事:「kawasaki・Z400FX」 硬派 カワサキらしい角「Z」

「YAMAHA・XJ400」は、ヤマハの400ccクラスとしては、初のDOHC 4気筒エンジン搭載モデルとして1980年の6月にデビューしました。

1979年4月にデビューした「Kawasaki・Z400FX」が11ヵ月連続トップセールスを記録していたために対抗馬として、ヤマハが投入しベストセラーとなったモデルです。

blogs.yahoo.co.jp

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

しかし、1981年になると「SUZUKI・GSX400F」や「HONDA・CBX400F」が登場し、400ccクラスはDOHC 4気筒エンジン搭載モデルのライバル対決が激化し、パワーウォーズ時代に突入していくことになりました。

それに合わせるかのように「YAMAHA・XJ400」もマイナーチェンジを繰り返していくことになりました。

 

「大柄なスタイリング」

www.bbb-bike.com 1

(出典:http://www.bbb-bike.com)

全長2,060mm、全幅760mm、全高1,130mmと、少し大柄なスタイルとなり、フロントはメッキフェンダー、「RD400」のタンクやサイドカバー、リアテールのデザインを継承したような流麗な全体のフォルムが特徴です。

またホイールベースは、1,405mmと長く設計されているものの、アップライトなハンドルポジションにに加えて、シート高が785mmと低いために「大柄なスタイリング」のわりに乗りやすい乗車ポジションとなっています。

またメーターパネルには、クラス初となる燃料計と電圧計を装備しホーンもダブル式とするなど、ゴージャスともいえる装備内容でした。

 

「軽量・スリム・コンパクト」なエンジン

XJ550

(出典:wikipedia)

大柄なスタイリングの「YAMAHA・XJ400」に搭載されていたエンジンは、398cc 空冷並列4気筒 DOHC 2バルブ「4G0型」となっています。そのエンジンにキャブレターは、SUキャブレター、電子進角フルトランジスタ点火を装備し、4-1-2の集合管マフラーを装着していました。

この仕様によって圧縮比:9.5:1、最大出力は45PS/10,000rpm、最大トルク3.5kgm/8,000rpmを発生させク、デビュー当時はクラストップでした。

YAMAHA_XJ400D_1981_Yamaha_Communication_Plaza

(出典:wikipedia)

高性能なエンジンの仕様となっていたもの当時から受け継がれているヤマハの「軽量・スリム・コンパクト」というコンセプトによって、セルモーターやジェネレーターは、エンジンのシリンダーブロックの後方にセットされ、エンジンの大きさは並列2気筒レベルのコンパクトな大きさとなっています。

実は、このエンジンは1983年にフルチェンジした水冷エンジン仕様の「YAMAHA・XJ400Z」のベースとなり、後に登場することになる「YAMAHA・FZ400R」にも受け継がれた高い性能を誇る名機となりました。

「YAMAHA・XJ400D」になると、「YICS(ヤマハ・インダクション・コントロール・システム)」を搭載し、従来の吸気通路と別に副吸気通路を設け、混合気をジェット噴流化、シリンダー内に渦巻き(スワール)を発生させて燃焼効率をアップさせるメカニズムを装備し、中速域の出力特性と、燃費の向上が図られました。

www.bikebros.co.jp

(出典:www.bikebros.co.jp)

またフロントのディスクローターは穴開きとなり、エンジンはブラックアウト、さらにクラス唯一の4本出しマフラーが採用され、デザインは全体としてさらに大柄なスタイリングになりました。

その後、時代は2STエンジン搭載のレプリカブームとなり「YAMAHA・XJ400」は、1980年代半ばに製造販売は終了することになりました。

 

「YAMAHA・XJ400」スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高 × シート高:2,060 × 760 × 1,130 × 785(mm)
  • エンジン形式:空冷並列4気筒 DOHC 2バルブ「4G0型」
  • 排気量:398cc
  • 圧縮比: 9.5:1
  • 最大出力:45PS / 10,000rpm
  • 最大トルク:3.5kgm / 8,000rpm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):油圧ダブルディスク / 機械式ドラムブレーキ
  • 新車価格:410,000円

 

「カスタムモデル」

www.zeta-one.com xj

(出典:www.zeta-one.com)

blog.livedoor.jp

(出典:blog.livedoor.jp)

e-carsearch.net

(出典:e-carsearch.net)

カスタム車両もパーツ入手困難ゆえにカスタムしているモデルも多いですね。

また「YSP Limited Version(YSP限定仕様モデル)」もあり、カラーリングをこの「YSP仕様」にカスタムしている車両も流行りました。

 

「現在の中古車相場」

ベストセラー当時となっていた「YAMAHA・XJ400」の新車価格は、410,000円でしたが現在は、650,000円から1,000,000円となっており、タマ数も少なくなっており、プレミア価格で取引されているんですね。

 

まとめ

スタイリッシュなデザインフォルムは、「Kawasaki・Z400FX」、「HONDA・CBX400F」、「SUZUKI・GSX400F」などと1980年代の空冷ネイキッド400クラスを支えたヤマハの「名車」ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。