【トヨタ ソアラ(GZ10型)】1JZスワップ街道レーサー仕様

この記事は2分で読めます

【トヨタ ソアラ(GZ10型)】1JZスワップ街道レーサー仕様

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン 

あわせて読みたい記事:【F30 レパード】L型エンジン搭載スタイリッシュハードトップ

あわせて読みたい記事:【ミニカー】 1/64 グラチャンコレクションシリーズ まとめ

「トヨタ ソアラ(SOARER)」は、1981年に発売したモデルであり、「日産 レパード」のライバル車として登場しました。英語で「最上級グライダー」を意味する車名を冠し、キャッチフレーズに「スーパーグランツーリスモ」と掲げていました。実際、パワートレインや装備されたシステムを見ると「トヨタ ソアラ」のポテンシャルを伺い知ることができます。「日産 レパード」はSOHCの6気筒の「L型」エンジンと4気筒の「Z型」エンジンを搭載していたのに対して「トヨタ ソアラ」は、グレードすべてが6気筒エンジンのラインナップで排気量:2,800cc DOHCの「M型」エンジンを搭載、サスペンションシステムは、4輪独立懸架の足回りを採用したシャシーは新設計で、4輪ベンチレーテッドディスクブレーキやミシュラン製ラジアルタイヤなどを装備していました。空気抵抗係数(Cd値)もクラス最上レベルの0.36であり、搭載エンジンは「5M-GEU型:2,759cc 直列6気筒 DOHC(最大出力:170ps)」と改良版の「1G-EU型:1,988cc 直列6気筒SOHC(最大出力:125ps)」となっていました。「TCCS」、「ECT」、「TEMS」、などの技術は、現在のトヨタ車にも進化しながら採用され続けています。インテリアデザインは、エレクトロニックディスプレイメーター、デジタル式の任意速度警報装置、省エネ機構を内蔵したマイコン式オートエアコン、進化したスピークモニター、クルーズコンピュータなどのハイテク技術が搭載されていました。


「トヨタ ソアラ(GZ10型)」:スペック

  • 車両型式:E-GZ10-HCMGE
  • 車両重量:1,220kg
  • 全長:4,655mm
  • 全幅:1,690mm
  • 全高:1,360mm
  • ホイールベース:2,660mm
  • トレッド(F/R):1,425mm / 1,435mm
  • エンジン型式:1G-EU型
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC 12バルブ
  • 排気量:1,998cc
  • ボア × ストローク:75.0mm × 75.0mm
  • 最大出力:125PS / 5,400rpm
  • 最大トルク:17,5kgm / 4,400rpm
  • トランスミッション:4AT / 5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク

「トヨタ ソアラ改」街道レーサー仕様:スペック

年式:1983年式

型式:GZ10型

パワートレインカスタム内容:「1JZ-GE型」エンジンスワップ、エアクリーナー、アルミラジエーター

カスタム内容:下回りボディ加工、デュアルエキゾースト、車高調整式サスペンションシステム

インテリアカスタム内容:ロールバー、ステアリング、バケットシート、バイク用アクセル(スロットル)、追加メーター

エクステリアカスタム内容:バッカミラー、ローレルウインカー、オーバーフェンダー、チンスポイラー、板パネ、リアアンダースポイラー、ロングノーズ+車幅(公認済)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。