【ファイアーバード 455 スーパーデューティー】スペック詳細

この記事は2分で読めます

【ファイアーバード 455 スーパーデューティー】スペック詳細

あわせて読みたい記事:【シボレー カマロ ZL1 1LE】 サーキット仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【シボレー コルベット(C2)】ワイルドスピードモデルは超希少

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

「ポンティアック ファイヤーバード」のハイエンドモデルである、「トランザム」が7年振りにニューヨークモーターショーで復活を果たしました。アメリカのコーチビルダー「Trans Am Worldwide」が、「ポンティアック ファイヤーバード トランザム」をモチーフとした「455 SUPER DUTY(スーパーデューティー)」として公開しました。

「ポンティアック ファイアーバード 455 SUPER DUTY(スーパーデューティー)」とは、1971年から「ポンティアック ファイアーバード」のモータースポーツでの使用を前提とした4ボルトメインベアリングキャップ強化ブロック&ダクタイル鋳鉄製クランク、ドライサンプに対応したオイルライン、鍛造ピストン&強化コンロッドを標準採用したスペシャルモデルでした。ただしこの時点で圧縮比を下げたヘッドを装着していたこともあり、最高出力は初期型で310hpというものであり、後には最大出力:290hpに下げられ、翌1974年モデルまでのわずかの期間だけ生産されたモデルでした。

今回、復活を遂げた「ポンティアック ファイアーバード 455 SUPER DUTY(スーパーデューティー)」は、1977年に登場した角眼四灯、通称「イーグルマスク」を装備したモデルをオマージュしたデザインとなっています。

実際、「シボレー カマロ」をベースに、ボンネット、フェンダー、フェイシア、デッキリッド、リアスポイラーを装備し、しかも、それらのパーツに「カーボンファイバー」製を採用し、ミシュランパイロットスポーツタイヤを履いた20インチホイールを装備して軽量化も図られています。

パワートレインは、アップグレードされた排気量:7.4リットルの「LT1」型のV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最大馬力は1000psオーバーを叩き出すスペックを誇っています。

限定生産50台で、5月1日より販売開始されるということです。


「Trans Am Worldwide 455 SUPER DUTY」:スペック

  • アメリカのフロリダのコーチビルダー「Trans Am Worldwide」が、「ポンティアック ファイヤーバード トランザム」をモチーフにして製作したマシンです。
  • 50台を限定販売予定となっています。
  • ベースモデルは、現行型シボレー「カマロ」です。

スペック:

  • エンジン形式:V型8気筒 7.4L スーパーチャージャー
  • 最高出力:1013ps
  • 最大トルク:144.6kgm
  • 軽量なカーボン製のボンネット、フェンダー、デッキリッド、リアスポイラー
  • 20インチミシュランパイロットスポーツタイヤ
  • レザーシート、専用デザインシフター
  • Tトップをオプション設定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。