【フェラーリ 330GTC】 1966年モデルがオークションに

この記事は2分で読めます

【フェラーリ 330GTC】 1966年モデルがオークションに

あわせて読みたい記事:【フェラーリ250GT SWBベルリネッタ】 価値は10億円?

あわせて読みたい記事:【シボレー コルベット(C2)】ワイルドスピードモデルは超希少

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディZ432】RMサザビーズで高額で取引される

1966年製の「フェラーリ 330GTC」がオークションに登場予定とのことです。「フェラーリ 330GTC」は、1966年のジュネーブ・ショーで発表され、「フェラーリ 275GTC」の流れを汲む2シーターのロード・ゴーイング・クーペとして登場しました。「フェラーリ 330GT 2+2」に使われていたV型12気筒 SOHC 4リッター・エンジン(Tipo209/66)を改良したものを、ホイールベース:2,400mmのシャシーに搭載しています。

サスペンションは「フェラーリ 275GTS」に引き続きフロントとリアともに、ダブル・ウィッシュボーン式が採用されています。ブレーキシステムは、四輪ディスクブレーキを採用しています。

美しいピニンファリーナが手掛けたボディは、フロント部分が「フェラーリ 500スーパーファスト」、リアは「フェラーリ 275GTS」との類似性を持つデザインとなっています。当初からグランドツアラーとしての性格を強く意識した設計となっており、シャープなハンドリング性能を持っているという評価にくわえて、遮音対策が功を奏したのか、「初めてラジオを楽しむことのできるフェラーリ」、とも称されました。

生産台数は1968年までの3年間で合計600台が製作されました。ホイールは10穴のアルミホイールが標準でしたが、オプションのボラーニ製ワイヤーホイールも選択することができました。

さらに美しさはインテリアにおいても同様で高級なレザーシート、チーク板のダッシュボード、ウッドステアリングといったラグジュアリィな装備をスタンダードとしています。パワーウィンドウも標準で装備しており、エアコンディショナーはオプション設定されていました。

ポテンシャルは、最大出力:300psを発生し、静止状態から時速60マイルまでには6.5秒、最高時速は242km/hというスペックを誇ります。

今回、フルレストアされた個体は、ボディカラーは「Nocciola(ヘーゼルナッツ)」という珍しいカラーです。経緯としては数度かのレストア時にグリーン→レッドというリペイントを経て、最後にはまた工場出荷時のこのカラーに塗装された、とのことです。

現在は完璧なフルレストアされ、「フェラーリ」社のクラシックカー部門の証明書も付属したうえで出品を待っているようです。なおフロントフェンダーには「フェラーリ GTC4ルッソ」同様のルーバーが見られ、「フェラーリ」社は、最新モデルに対しても常に過去モデルへのオマージュを配していることがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。