「Kawasaki・Z400GP」 4耐を制覇「リトルローソン」

この記事は3分で読めます

「Kawasaki・Z400GP」

Z400GP」は、1982年に「Z400FX」の後継モデルとして登場したモデルですが、実は各部分に至るまでの大幅な変更が施されていたり、生産年数が短いことからミドルクラスの「Z」シリーズ中では非常にレアなモデルです。

www.motorcyclespecs.co.za

(出典:http://www.motorcyclespecs.co.za)

 

サイドカバーの「GPz400」の意味は?

www.bikebros.co.jp

(出典:http://www.bikebros.co.jp)

Z400GP」のサイドカバーのエンブレムに「GPz400」と記されているために「なぜ?」と思いますが、これはGPの後に小文字の「z」の場合は、「空冷エンジン」、大文字の「Z」の場合は、「水冷エンジン」となるようです。

 

一新された「スタイリング」

www.webike.net

(出典:http://www.webike.net)

ヘッドライトは角型ライトとなり、車体デザインは全般的に直線基調で角張った硬派なデザイン。タンク形状も「Z400FX」のデザインとは異なり、タンク前方まで角張っています。

またサイドカバーからリア周りも、「Z400FX」では、パーツが分割されたデザインでしたが、サイドからリアまで流れるようなラインで一体式のデザインとなっています。

車両重量も軽量化されて179kgとなっており、加速性能、コーナリング性能の向上が図られています。

blog.yahoo.co.jp

(出典:http://blog.yahoo.co.jp)

またリアのサスペンションは、オンロードバイクでは初めて「ユニトラック式モノショック」が装備されているため、シャープな印象となっています。

フロントサスペンションは、イコライズドエアフォークを採用し、19インチのホイールとの組み合わせによって運動性能としてコーナリング性能が向上し、安定感のあるサスペンションにセッティングされています。

メーター周りは、インジケーターがビルトイン一体型となっています。燃料、サイドスタンド、バッテリー液、オイルレベルの警告灯を液晶表示し、総合チェックで、ひとつでもクリアされていない場合、警告灯が作動する設定になっていました。

 

エンジンは「メーカーチューン?」

ameblo.jp

(出典:http://ameblo.jp)

エンジンのベースは「Z400FX」に搭載されていた「KZ400EE型」エンジンであり、ボア×ストロークも「52.0mm × 47.0mm」ながら、エンジンの細部をチューンし、「高圧縮化」、「ハイカム」や「ビッグバルブ化」によって最大出力は5PSのアップとなり48PS/10,500rpmとなっています。

またフリクションロスの徹底によって、エンジンのフィーリングは格段に向上させています。

 

「モータースポーツでの活躍」

bikesamurai.jugem.jp

(出典:http://bikesamurai.jugem.jp)

1982年の鈴鹿4時間耐久ロードレースに参戦。

この参戦時、他のバイクメーカーはエアロダイナミクス向上が図られたフルカウルのレーサーマシンで参戦。

しかし、カワサキは、デビューして間もない「Z400GP」にフルカウルを装着するのではなく、「アップハンドル」と「ビキニカウル」を装着しただけの、いわゆる「Z1000R」、「ローソン仕様」のスタイリングで参戦し見事に優勝を飾っており、「Z400GP」の素性の良さ、ポテンシャルの高さが光るレースとなりました。

image.search.yahoo.co.jp

(出典:http:/image.search.yahoo.co.jp)

 

「リトルローソンレプリカ」

鈴鹿4時間耐久レースでのデビューウィンを記念して、優勝記念モデルが2,000台限定で販売されることになりました。

スタイルは、「ライムグリーン(カワサキワークスカラー)」を身に纏い、「Z1000R(ローソン・レプリカ)」のデザインが施された段付きシートが装備され、「リトルローソンレプリカ」と呼ばれ人気モデルとなりました。

これほど成功を収めたモデルにもかかわらず、当時は各メーカーのパワーアップが激化しており、わずか1年余りで後継モデルの「GPz400」が1983年に登場し生産終了となってしまいました。

こうした経緯によって生産台数は約19,000台と非常に少ないために、レアなモデルとなっています。

 

「Kawasaki Z400GP」スペック

  • エンジン型式:空冷4ストローク並列4気筒DOHC2バルブ「KZ400EE型」
  • 排気量:399cc
  • ボア × ストローク:52.0 × 47.0(mm)
  • 圧縮比:9.7:1
  • 最高出力:48ps / 10,500rpm
  • 最大トルク:3.5kg-m / 8,500rpm
  • 全長 x 車幅 x 車高:2,170 × 750 × 1,095(mm)
  • 乾燥重量:179Kg
  • 販売価格:47万8,000円

「カスタムモデル」

bluecycles.blog114.fc2.com zgp

(出典:bluecycles.blog114.fc2.com)

shinracing.o.oo7.jp zgp

(出典:shinracing.o.oo7.jp)

blog-imgs-36.fc2.com zgp

(出典:blog-imgs-36.fc2.com)

足回りをカスタマイズすると、雰囲気が変わります。しかし、定番カスタムもイイですね。

 

「Kawasaki Z400GP」の中古車、価格の相場

mincara.carview.co.jp

(出典:http://mincara.carview.co.jp)

現在の中古車相場は、59万8000円~200万円以上となっています。

もともとの生産台数が少ないうえに、空冷4気筒の「Z」シリーズゆえに高騰していますね。

 

まとめ

生産年数わずか1年あまりという希少性、ミドル角「Z」の集大成、そしてモータースポーツでの功績ゆえに名付けられた「リトルローソン」と呼ばれる「Z400GP」は、明らかにカワサキの「名車」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。