【フォード】1932年式フェラーリ仕様のデュースカスタムの価格

この記事は2分で読めます

【フォード】1932年式フェラーリ仕様のデュースカスタムの価格

あわせて読みたい記事:【旧車】「フォード B型/1932年式」草なぎ剛の車は超希少!

あわせて読みたい記事:【フォード マスタング】エバン・ロンゴリアのマッハ1仕様の価格

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 360スパイダー】デビッド・ベッカムの車が競売に

1932年式の「フォード B型(デュース)」をカスタムし、「フェラーリ」仕様のホットロッドカスタムが施された車両が販売ということで注目されています。この1932年式は、「フォード A型」に続く「フォード B型」ということで「DEUCE(デュース)」とも呼ばれていますが「2」という意味です。しかも、この1932年式は、今ではアメ車と言えばエンジンは「V型8気筒OHV」というのが定着していますが、初めて当時最先端技術だった「V型8気筒エンジン」を大量生産されて搭載されたモデルでもあるのです。さらにいえば、映画:「アメリカングラフィティー」(1973年公開 監督:ジョージ・ルーカス 製作:フランシス・フォード・コッポラ )にも登場し、ホットロッドカスタムの王道と言えば、この「1932年式」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。それゆえに、「フォード B型(デュース)」は、世界一有名なホットロッドモデルと言えますが、通称:「Milner’Coupe」これは、映画:「アメリカングラフィティー」の劇中で「ジョン・ミルナー」が乗っていたという意味で呼ばれていたり、「Graffiti Coupe」、「Yellow Coupe」などとも呼ばれます。

では、実際に「フェラーリ」仕様のホットロッドカスタムのマシンを見てみましょう。搭載されているエンジンは、排気量:3リッターV型8気筒エンジンにツインターボで武装し、実に最大出力:950psを発生とのことで凄まじいポテンシャルを備えています。そして、組み合わせているトランスミッションは6速MTでクラッチは競技用、とされています。

この強烈なパワートレインを支えているサスペンションは独立懸架でショックアブソーバーは「KW」社製、ホイールは18インチホイールにスリックタイヤ装着とレーシーかつスパルタンな仕様となっています。また、ブレーキシステムは15インチサイズの4ポットキャリパーを装備しており強力なストッピングパワーを実現しています。

エクステリアデザインはフルロールケージで武装され、あちこちが「フェラーリレッド」のカラーリングでペイントされています。
気になるこの車両の販売価格についていうならば、その価格は「約3,000万円」となっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。