【ダッジ チャージャーR/T】ワイルドスピード7仕様・スペック

この記事は2分で読めます

【ダッジ チャージャーR/T】ワイルドスピード7仕様・スペック

あわせて読みたい記事:【ダッジ チャージャー】ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン】ワイルドスピード仕様のハコスカは本物か?

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

カーアクション映画:「ワイルドスピード」において欠かすことのできない旧車がアメリカンマッスルカーの「ダッジ チャージャーR/T」の存在です。

各シリーズのおいて様々なカスタムが施された仕様の「ダッジ チャージャーR/T」が登場しますが、「ワイルドスピード7」においては、怒涛のハイパフォーマンス仕様のカスタムが施されています。

「Maximus Charger」と名付けられたこちらの「ダッジ チャージャーR/T」は、貴重な1968年モデルをベースに、ボディサイズを5インチ(約13センチ)拡大しており、排気量:9.4リッターのツインターボ装着のHEMIエンジンを搭載しています。オールアルミニウム製のこのエンジンはシリンダーあたり2つのインジェクターを装備しツインインジェクター仕様となっており「Maximus Charger」のモデル名に相応しい仕上がりになっています。

カスタムを担当したのは「Nelson Supercars(ネルソン・スーパーカーズ)」社と「Scott Spock Racing(スコット・スポック・レーシング)」社です。驚くことに「シルバーカラー」のボディを完成させるのには延べ4,000時間以上費やしたとのことです。

この5インチワイドのボディのフェンダーには、18インチの極太タイヤを収めています。さらにフロントサスペンションは「シボレー コルベット(C6型)」のシステムを移植し、リアサスペンションには、「Nelson Supercars(ネルソン・スーパーカーズ)」社がワンオフ作製した4リンク式の車高調整式サスペンションシステムが組み込まれており、パフォーマンスを向上させています。

そして、強力なストッピングパワーをウィルウッド製の対向6ポットキャリパーを前後に採用して獲得しています。また、これほど過激なチューニングを施されながらもエアコンなどの快適装備もついているということです。

このハイスペックなカスタムが施された「ダッジ チャージャーR/T」の排気量:9.4リッター V型8気筒 OHV IC ツインターボ HEMIエンジンからは、オリジナルエンジンスペックの最大出力:600psから最大出力:2,000psへと大幅なアップデートが施されています。

そして、そのポテンシャルはアメリカでテストを行った時に0-60マイル加速(日本式に言うと0-96km/h加速):2.0秒、最高時速:200マイル(同じく、約320km/h)というポテンシャル発揮しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. I seldom leave a response, however i did some searching annd wound up here 【ダッジ
    チャージャーR/T】ワイルドスピード7仕様・スペック | NEWSシマシマな島人日記.
    And I do have a couple off questions for you if you tend not to mind.

    Could it be onlyy me or does it look as iff lik some of these remarks come across like coming from brain ddead people?
    😛 And, if you are posting at other online sites, I’d like to follow anything new you have to post.
    Would you list of every one off all your shared pages like your Facebook page,
    twitter feed, or linkedin profile?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。