【カワサキ 350SS】 「S.C.I」仕様カスタム・スペック

この記事は2分で読めます

【カワサキ 350SS】 「S.C.I」仕様カスタム・スペック

あわせて読みたい記事:「KAWASAKI MACH III」 通称 カミナリ・マッパ

あわせて読みたい記事:【ヤマハ RZV500R】カスタム:「オートスタッフ末広」仕様

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

「カワサキ 350SS」、「KAWASAKI・350SS」(S2型)といえば、「カミナリマッパ」の異名持つ「カワサキ 500SS(MUCH3)」の弟分の存在ですが、実は、ほぼ専用設計の車体でした。この「350SS」に与えられたフォルムは、前傾姿勢のアグレッシブなデザインでした。しかし、そのデザインからは、予想だにしないコンパクトな車体サイズを数値から見ることができます。全長×全幅×全高は、それぞれ2,010mm × 800mm × 1,095mmとなっており、ライバルマシンに比べると最小マシンなのです。しかし、ホイールベースは1,330mmとなっており、ライバルと比較すると全長とホイールベースの比率を見ると、いかに細長いマシンになっているかということです。エンジンは、「500SS」のスケールダウンというよりも「350SS」専用設計が施されたエンジンだったということです。そして、高回転寄りにセッティングされた排気量346ccのエンジンは、最大出力:45PS/8,000rpm、最大トルク:4.25kgm/7,000rpmとなっています。公表値で最高速度179km/h、0-400m加速は13.6秒のポテンシャルを発揮していたのでした。


「KAWASAKI・350SS(S2型)」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:2,010mm × 800mm × 1,095mm
  • ホイールベース:1,330mm
  • キャスター角度 / トレール: 62° / 110mm
  • エンジン:空冷2サイクル3気筒
  • 排気量 / ボア × ストローク: 346.2cc / 53.0mm × 52.3mm
  • 最大出力: 45PS / 8,000rpm
  • 最大トルク: 4.25kgm / 7,000rpm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):ドラム
  • 車体重量:148kg

 


「カワサキ 350SS カスタムショップS.C.I仕様」:スペック

カスタムショップS.C.Iデモカー カワサキ 350SS フルカスタム フル公認の仕様スペックについて:

外装:「カワサキ 750SSタンク」 キャンディーパープル×キャンディーピンク×シルバー×パールホワイト
フレーム:補強、加工多数、キャンディーペイント

エンジン:フルOH後3000キロ以内、腰上、腰下ウエットブラスト、吸気排気掃気ポート加工、クランク芯出しOH、シフトフォーク、ミッションWPC加工、プッシュロッドワンオフ(焼きつき防止対策)、強化クラッチ、ワンオフマニ、PWK28キャブレター、ワンオフチャンバー、フルトラ化

足回り:

フロント:HRC製 レース用ショウワフロントフォーク、ゲイルスピード製3.5J 120/70-17 RS10新品同様  330パイディスクローター、スミトモ製キャリパー、ワンオフトップビリッヂ
リヤ:スズキ製スイングアーム、ゲイルスピード製6.0J 190/50-17 RS10 9分山、大径ローター キャリパー、スズキ製純正ショック、ワンオフ車高調

その他:アクティブ製デジタルメーター埋め込み、ホンダ車用バックステップ、ドゥカティ製純正セパハンなどの流用…etc

まさにフルカスタムの本気仕様の「カワサキ 350ss改」は、車両価格は100万円~ASKとなっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。