【日産 フェアレディZ】Z34:370Zヘリテージエディション

この記事は2分で読めます

【日産 フェアレディZ】Z34:370Zヘリテージエディション

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディZ】Z33型ワイルドスピード仕様の価格は?

あわせて読みたい記事:【ダットサン BRE 240Z】無敵を誇った伝説のS30Zとは

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン】カーボンハコスカセミワークスRB26仕様

北米日産は、370Zクーペ(日本名:フェアレディZ)の「ヘリテージエディション」をニューヨークモーターショーで初公開することが明らかになりました。

世界トップレベルの走行性能やしなやかでダイナミックなデザインのスポーツカー「フェアレディZ」。エンジンは、3.7L V型6気筒DOHC(VQ37VHR)でトランスミッションはマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATまたは6速MTの組み合わせとする。駆動方式は、FRのみを用意。ラインアップは、ベースモデルと、本革シートや運転席・助手席パワーシートなどの豪華装備「バージョンT」、19インチアルミホイールを標準装備とした「バージョンS」、最上級モデル「バージョンST」、性能、機能まで考え抜かれたNISMO専用のデザインの「ニスモ」を設定。日本国内仕様においては「ニスモバージョン」が最上級スポーツグレードになりますが、この「ヘリテージエディション」モデルは、まったく違った仕様となっています。


「日産 フェアレディZ(NISMO)」:スペック

  • 型式:CBA-Z34型(2015年)
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,330 × 1,870 × 1,315(mm)
  • ホイールベース:2,550(mm)
  • トレッド(F/R):1,555 × 1,580(mm)
  • 車両重量:1,540(kg)
  • エンジン型式:VQ37VHR型
  • エンジン形式:水冷V型6気筒 DOHC
  • 排気量:3,696(cc)
  • ボア × ストローク:95.5 × 86.0(mm)
  • 圧縮比:11.0:1
  • 最大出力:355ps / 7,400rpm
  • 最大トルク:38.1kgm / 5,200rpm
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン / マルチリンク
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク

「日産 370Zクーペ ヘリテージエディション」:スペック

「日産 370Zクーペ ヘリテージエディション」は、「ダットサン」ブランドでの発売以来、脈々と受け継がれてきた「日産」を象徴するスポーツカーの歴史に敬意を表したモデルです。この特別エディションはベースとなる2018年モデルの変更点を含んでおり、ヘッドライトとリアコンビネーションやクロームメッキドアハンドルなどのエクステリアの変更や、マニュアルトランスミッション車ではハイパフォーマンスクラッチを採用しています。

ボディカラーは「シケインイエロー」と「マグネティックブラック」の2色が用意されています。「シケインイエロー」は、ブラックドアミラーとし、ボディ各所にブラックのグラフィックを、マグネティックブラックはシルバーのグラフィックを施しています。

インテリアは、随所にイエローのアクセントを取り入れているのが特徴です。

搭載されているエンジンは、「VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)」を備えた、最大出力:332psを発生する排気量:3.7リッターDOHC V型6エンジンエンジンを搭載し、6速マニュアルトランスミッションと7速オートマチックトランスミッションをラインナップします。なお、370Zクーペ 2018年モデルは、2017年春に発売される予定となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。