【フォード GT】オリジナルのデザイナーがカスタムした車の価格

この記事は2分で読めます

【フォード GT】オリジナルのデザイナーがカスタムした車の価格

あわせて読みたい記事:【サリーン】「木村拓哉」が所有の「S7」は性能も価格も超一流!

あわせて読みたい記事:【フォード マスタング】1970年式トーヨータイヤ仕様スペック

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGT-R】ワイルドスピード仕様R34の価格

1960年代に「ル・マン24時間耐久レース」などで活躍したレーシングカーである「フォード GT40」のリメイクモデルであり、「フォード」社の100周年を記念して限定1,500台が「フォード」社と関係の深い「サリーン」社の工場で2006年まで生産されました。

かつての「フォード GT40」は、イギリスの著名なレーシングコンストラクターの「ローラ」社が開発しましたが、この「GT40」というモデル名には商標登録の問題があり、結局、「フォード GT」というモデル名で販売されることになったということです。「フォード GT」の開発に当たり、チーフデザイナーに「カミーロ・パルド」氏が担当しており、「フォード GT40」を彷彿とさせながら現代のスーパーカーのデザインとなっています。駆動方式はミッドシップ(MR)で、V型8気筒エンジンを縦置き搭載しており、その後ろにデフとギヤボックスが配置されるという、レーシングカーとしてオーソドックスな作りとなっています。


「フォード GT」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,643 × 1,953 × 1,125(mm)
  • ホイールベース:2,710(mm)
  • 車両重量:1,568(kg)
  • エンジン形式:水冷V型8気筒 DOHC IC スーパーチャージャー
  • 排気量:5,400(cc)
  • 最大出力:558ps / 6,500rpm
  • 最大トルク:69.13kgm / 3,750rpm
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:MR

「フォード GT」のデザイナーである、「Camilo Pardo」氏がカスタムした「フォード GT」が販売中とのことです。価格は3,500万円ということですが、これは6台のみ生産された、「Camilo Pardo」氏によるカスタムバージョンのうちの一台となっています。

ノーマル最大出力は、550psから650psへとパワーアップされています。エクステリアデザインはシルバーをベースにオレンジとブラックがラッピングによって追加されている、カラーリングです。オレンジは光沢あり、ブラックはマット仕上げとなっています。

ボディのフロントにはデザイナー、「Camilo Pardo」氏のサイン入りとなっています。走行は25,247キロで、これまでに三人のオーナーの手を経ている、とのことです。

内装はおそらくオリジナルのままのインテリアとなっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。