【RWBポルシェ・カレラ4】400ps仕様の空冷930カスタム

この記事は2分で読めます

【RWBポルシェ・カレラ4】400ps仕様の空冷930カスタム

あわせて読みたい記事:【ポルシェ911】世界の名車としてのモデルヒストリーを振り返る

あわせて読みたい記事:【RMオークション・アメリア】 高額落札ランキング:BEST5

あわせて読みたい記事:【1980年代スポーツモデル】 インパクトを残した名車5モデル

「中井 啓(なかいあきら)」氏と聞けば、「ポルシェカスタムチューナー」と多くのポルシェファンは答えることでしょう。そう、世界に名をはせるポルシェ専門のカスタム工房「RAUH-Welt BEGRIFF(ラウヴェルト・ベグリッフ/以下RWB)」の代表です。「RWB」のチューニングの特徴はワイドでスパルタンなボディワークです。ポルシェのエクステリアデザイン自体グラマラスですが「RWB」は、ド迫力のオーバーフェンダーとRWB特注ホイールの組み合わせたエクステリアデザインを特徴としています。そんpヒストリーは1997年、千葉県柏市に設立されましたが、「RWB」は現在、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、イギリス、中国、香港、台湾、インドネシア、フィリピン、タイなど各国に展開している世界的な「ポルシェチューナー」なのです。

その「RWB」の今回のベースモデルは、1989年製の「ポルシェ・911カレラ4」ということです。前後オーバーフェンダーとそれにマッチした前後バンパーとサイドステップ、フロントにはカナード(エロフリック)、リアにはダブルデッキ式リアウイングを装着しています。

  • rwb-993

インテリアにはボディカラー同色のレッドのロールケージが組み込まれています。そして、当然のようにリアシートが取り払われて「2シーター仕様」に変更されています。

  • rwb-993-9

それでも、インパネ周りなどメーター類など、オリジナルの状態を残しており、スパルタンな「ポルシェ・911」のインテリアを残しています。またダッシュボード助手席側にはRWBを設立した「中井啓」氏のサイン入っています。

  • rwb-993-8

フロントセクションでヘッドライトのベゼルやインナーはブラックに変更されています。さらに細かいパーツですが、プロジェクターレンズには「RWB」文字が入ります。

  • rwb-993-6

車高は極端に落ちていて、とくにリアホイールのリムの深さが際立っています。全体的に「レッド×ブラック」で統一されており、オシャレな雰囲気もあります。

  • rwb-993-2

サスペンションはKW製、ブレーキシステムは「ポルシェ・993ターボ」からの流用となり、ホイールサイズは18インチ、タイヤ幅はフロント265、リア335とのことです。

  • reb-993-7

ドライブトレインとなるエンジンにも手が入っており、排気量:3.600cc・フラットシックスはターボで加給されECUもカスタムメイドされています。インジェクターも流量が大きなものへ交換されてピストンやガスケット、チェーンレールなどエンジン本体パーツや補記類も大幅強化されているようです。そのパワースペックは最高出力:は400psとなっており、駆動輪はカレラ4ゆえに4輪駆動、トランスミッションは5MTとなっています。

  • rwb-993-4

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。