【ホンダ NM4】ゴースト・イン・ザ・シェル(攻殻機動隊)仕様

この記事は3分で読めます

【ホンダ NM4】ゴースト・イン・ザ・シェル(攻殻機動隊)仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

あわせて読みたい記事:【映画】 「High&Low」に登場のカッコいいバイク まとめ

「本田技研工業(ホンダ)」社は、2017年3月17日に、同社の大型二輪車「NM4」を、ハリウッド映画である「GHOST IN THE SHELL」(日本では4月7日公開)で主人公の少佐が乗り込むバイクのベースとして提供したと発表しました。「劇中で描かれる近未来の世界をより魅力的でリアリティーあるものにした」ということです。


「ホンダ NM4」

「ホンダ NM4」シリーズのスタイリングテーマは「フロントマッシブスタイリング」と「コックピットポジション:です。大胆な面構成のフェアリングにはLEDヘッドライトを中心に、前端部にLEDウインカーランプ、後端部にはサイドミラーをビルトインした独特のレイアウトとするなど、他に類を見ない斬新なデザインとなっています。ライダーがマシンに潜り込むようなライディングポジションと、650mmのシート高、角度と前後位置を調整できるバックレストにより、マシンと一体化したようなコックピックポジションが得られるのも「ホンダ NM4」シリーズの特徴となっています。パワートレインについてですが、エンジンは「NC750」シリーズと共通の排気量745cc、4ストローク水冷直列2気筒を用い、トランスミッションには多段式自動変速機構であるDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を搭載しています。

走行状態に応じて最適な自動変速を行うATモードと、シフトスイッチにより任意に変速できるMTモードを設定されています。ATモードの中でさらに一般走行に適したDモードと、スポーティーな走行に適したSモードが選択できる仕組みとなっています。メーターにはDCTモードと連動した可変色メーターを採用し、コントロールする楽しさを演出しています。フロントフェアリング左右に設けられた小型のユーティリティスペースや、200mmのワイドタイヤなども、「ホンダ NM4」シリーズ共通の装備となっています。


「ホンダ NM4」:スペック

  • 車名・型式:ホンダ・2BL-RC82
  • 全長(mm):2,380
  • 全幅(mm):810〈サイドミラー両端幅 933〉
  • 全高(mm):1,170
  • 軸距(mm):1,645
  • 最低地上高(mm):130
  • シート高(mm):650
  • 車両重量(kg):245(NM4-01)/255(NM4-02)
  • 燃料消費率(km/L):38.0(60)〈2名乗車時〉
  • 最小回転半径(m):3.2
  • エンジン型式:RC70E
  • エンジン種類:水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒
  • 総排気量(cm3):745
  • 内径×行程(mm):77.0 × 80.0
  • 圧縮比:10.7
  • 最高出力(kW[PS]/rpm):40[54]/6,250
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):68[6.9]/4,750
  • 燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
  • 始動方式:セルフ式
  • 点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
  • 潤滑方式:圧送飛沫併用式
  • 燃料タンク容量(L):11
  • クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
  • 変速機形式:電子式6段変速(デュアル・クラッチ・トランスミッション)
  • 変速比:1速(2.666)/2速(1.904)/3速(1.454)/4速(1.200)/5速(1.033)/6速(0.864)
  • 減速比(1次/2次):1.921/2.294
  • キャスター角(度):33゜ 00′
  • トレール量(mm):110
  • タイヤ(F/R):120/70ZR18M/C(59W) / 200/50ZR17M/C(75W)
  • ブレーキ形式(F/R):油圧式ディスク
  • サスペンション(F/R):テレスコピック式 / スイングアーム式(プロリンク)
  • フレーム形式:ダイヤモンド
  • 新車価格:¥1,020,600~

「ホンダ NM4 GHOST IN THE SHELL(攻殻機動隊)仕様」:スペック

映画「GHOST IN THE SHELL」は、「士郎正宗」さんのSF漫画「攻殻機動隊」が原作となっています。近未来を舞台に、脳以外の全身を機械のパーツで「義体化」した主人公を「スカーレット・ヨハンソン」さんが演じることになっています。

そして「ホンダ NM4」は、「ホンダ」社が近未来などをテーマに開発し、2014年に発売した大型二輪車ですが、そうしたコンセプトやスタイリングが映画の世界観と合致し、車両提供が実現したということです。「ホンダ」社は、車両自体の提供にとどまらず、車両の新しいデザインスケッチも提供し、映画制作スタッフがスケッチを基に車両を改造したということです。

劇中に登場する「ホンダ NM4」をベースにしたバイクは、「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(インテックス大阪、3月18日~20日)、「第44回東京モーターサイクルショー」(東京ビッグサイト、3月24~26日)で展示される予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。