実力は本物 石川遼の弟がツアーデビュー

この記事は1分で読めます

石川遼(24歳=CASIO)」といえば、ゴルフ界の天才と言われた若手No.1ですが、その弟の「石川航(いしかわ わたる)」が、8月25日から開催される「RIZAP・KBCオーガスタ」(福岡県芥屋GC)でツアーデビューするようです。まだ浦和高校に通う16歳ながら、その実力は本物です。先日、開催された群馬・サンコー72CCの「スプリングジュニアゴルフ選手権」15~18歳男子クラスで見事優勝を飾り、資格を獲得しています。これが、まぐれではないことは、昨年2015年の埼玉県ジュニア選手権で9位の成績をも残しています。2015年の11月の「カシオ・ワールド・オープン」では、兄「石川遼」のキャディも務めています。その兄「石川遼」も「俺よりパターが上手い」と2年も前に評価しています。この言葉も今回の「スプリングジュニアゴルフ選手権」での優勝で真実となり、本人もプロの試合に意欲を示し気合十分のようです。「石川遼」は腰痛のために2月からアメリカツアーの離れ、日本で治療とトレーニングをしているために、国内ツアーに参加してアメリカツアーに戻ることもあるかもしれません。もし、そうなると8月25日から開催される「RIZAP・KBCオーガスタ」(福岡県芥屋GC)に2人で出場し、兄弟対決が実現するかもしれません。「石川航」の今後の活躍が楽しみです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。