【ホンダ CB400SF】元SKE48「梅本まどか」仕様・画像

この記事は3分で読めます

【ホンダ CB400SF】元SKE48「梅本まどか」仕様・画像

あわせて読みたい記事:【ホンダ CB400SF改】 「元NMB48:中川紘美」仕様

あわせて読みたい記事:「HONDA・CB400 FOUR」 福山雅治の愛車ヨンフォア

あわせて読みたい記事:【旧車】 お笑い芸人の旧車愛がすごい! まとめ

今やモータースポーツ界での活躍も目立つ「元SKE48:梅本まどか」さんですが、もちろん車だけでなくバイクも大好きとのことです。

プロフィール:
名前:梅本まどか(うめもとまどか)

平成4年7月17日生まれ。愛知県名古屋市出身。2010年9月SKE48第4期生オーディションに合格(応募総数5,888名、最終合格者16名)。同年12月にチームE初期メンバーに選抜され、同チームのリーダーに就任。2016年2月、SKE48卒業を発表。現在は地元・名古屋をベースにマルチタレントとして活動する他、バイク関連メディアでもその活躍を見ることができる。

そして、愛機として共にしているのが2代目モデルの「ホンダ CB400SF」なのです。この2代目モデルの「ホンダ CB400SF」は、エンジンに「HYPER VTEC」システムを盛り込むとともに、新設計のフレームやサスペンションが採用されているのが特徴です。「HYPER VTEC」の効果として低中回転域での豊富なトルクと、高回転域での伸びを両立しつつ、定地燃費値は1998年モデルまでの34.7km/ℓから37km/ℓへと向上していることです。さらに2代目モデルは新設計のダブルクレードルフレームは剛性バランスを見直すとともに、リヤショック長やキャスター角の変更、ホイールベースのショート化、従来モデルよりも10mm低く設定されたエンジン搭載位置などにより、スポーティかつ扱いやすいハンドリングを追求しています。フロントフォークには「ホンダ CBR900RR」に採用されているものと同様のツーピースタイプのボトムケースを、リヤショックにはリザーバータンク&2段階のスプリングレート調整機能付きのタイプを採用し、前後タイヤはバイアスタイヤからラジアルタイヤに変更されています。なお、これらの変更に伴い徹底的な軽量化も実施し、従来モデル比で約6kg(乾燥重量)の大幅な軽量化を実現しています。

そして、エンジンシステムの「HYPER VTEC」とは、エンジンの回転数に応じて、1気筒あたりのバルブ作動数を切り替えることで、低中回転域での力強いトルク感と高回転域でのパワー感を両立しつつ、燃費性能の向上も図ったシステムのことです。油圧により、バルブとカムの間に設けられた切り替えピンが可動することで、カムの動きをバルブに伝えるor伝えないを決めており、「HYPER VTEC」では、6,750rpmに達すると、切り替えピンが油圧で押されることで、2バルブから4バルブへと作動を切り替えます。2002年1月に販売を開始した「HYPER VTEC SPECⅡ」では、2バルブから4バルブへの切り替えタイミングが6,750pmから6,300rpmに変更されています。また、エアクリーナーボックスの剛性や排気系の見直しにより、2バルブから4バルブへの切り替わり時の音圧変化と、排気サウンドの変化が体感しやすいように音圧の調整も行なわれています。さらに2003年には「HYPER VTEC SPECⅢ」へと進化しており、「HYPER VTEC SPECⅡ」までは、すべてのギヤで同じバルブ切り替えタイミングが採用されていたのですが、「HYPER VTEC SPECⅢ」では、1速から5速までと、6速でバルブの切り替えタイミングが変更されました。1速から5速までは6,300rpm、6速は6,750rpmで2バルブから4バルブへと切り替わるとともに、6速のみ専用の点火時期マップが設定されています。

「ホンダ CB400SF HYPER VTEC」:スペック

  • 車名:CB400SF
  • 型式:BC-NC39
  • 全長×全幅×全高:2,050×725×1,070(mm)
  • 軸間距離:1,415mm
  • 最低地上高:130mm
  • シート高:760mm
  • 車両重量:188kg
  • 燃料消費率:定地燃費値 37km/ℓ
  • エンジン種類:水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列4気筒
  • 総排気量:399cm3
  • ボア×ストローク:55.0×42.0(mm)
  • 圧縮比:11.3
  • 最高出力:39kW(53ps)/11,000rpm
  • 最大トルク:39N・m(3.9kgf・m)/9,500rpm
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:18ℓ
  • 潤滑方式:ウェットサンプ
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 始動方式:セルフ式
  • 点火方式:フルトランジスタ
  • クラッチ形式:湿式多板
  • トランスミッション形式:常時噛合式6段
  • ギヤ・レシオ:「1速:3.307」「2速:2.294」「3速:1.750」「4速:1.421」「5速:1.240」「6速:1.130」
  • 一次減速比/二次減速比:2.171/2.933
  • キャスター/トレール:25°15’/89mm
  • タイヤサイズ(F/R):120/60ZR 17(55W)/160/60ZR 17(69W)
  • ブレーキ(F/R):ダブルディスク&対向4ポットキャリパー / シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
  • サスペンション(F/R):インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク / スイングアーム,ツインショック
  • フレーム形式:ダブルクレードル
  • 乗車定員(人):2
  • メーカー希望小売価格:60万9,00-円

【ホンダ CB400SF】元SKE48「梅本まどか」仕様

HYPER VTEC SPECⅢへと進化を遂げた2004年・2005年モデル

  • (出典:gazoo.com)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。