【RMオークション】ディアブロの価格が上昇!VTの落札価格は?

この記事は2分で読めます

【RMオークション】ディアブロの価格が上昇!VTの落札価格は?

あわせて読みたい記事:【RMオークション・アメリア】 高額落札ランキング:BEST5

あわせて読みたい記事:【RMオークション パリ】 高額落札車ランキング:BEST10

あわせて読みたい記事:【ダッジ・チャージャー】ジャミロクワイ等セレブ所有歴の車が競売

毎回、世界の名車や旧車が出品され、高額落札されることで注目されている「RMサザビーズ」開催のオークションにおいて、「ランボルギーニ・ディアブロVT6.0SE」が登場し、落札価格に注目が集まりました。

予想落札価格の3,800万円となっていましたが、それを超える、4,500万円で落札されたようです。スペックなどを振り返ると「ランボルギーニ・ディアブロVT6.0SE」は、ディアブロの最終モデルで2001年に登場しており、「ランボルギーニ・ディアブロGT」の排気量:6,000cc V型12気筒(最高出力:550ps)、「ランボルギーニ・ディアブロVT」の4WDシステムを搭載している、いわば「ディアブロの最終形態かつ最強モデル」といわれているモデルです。「ランボルギーニ・ディアブロ」は、10年のモデルサイクル中に2,900台が製造されているものの、この「ランボルギーニ・ディアブロVT6.0SE」の生産はわずか42台となっています(43台説もある)。ボディカラーは「Oro Elios(日の出のゴールド)」と「Marrone Eklipsis(日没のブラウン)」とが半々で製造されたと言われ、この個体は「Marrone Eklipsis(日没のブラウン)」のボディカラーです。エンジンヘッドカバーは「ゴールド」ですが、これは時を経て「ウラカン・ペルフォルマンテ」にも採用されています(ウラカン・ペルフォルマンテ発表時にゴールドのエンジンヘッドはディアブロVT6.0SE由来だと公表)。

  • diablo-vt (6)

内装はタンレザーとブラウンレザーとのコンビとなり、カーボン製パーツやチタンカラーのシフトノブ/メーターベゼルが装着されています(DVDカーナビゲーションシステムなど装備)。

  • diablo-vt (7)

この個体は「42台作られたうちの」40番目で、つまりディアブロの歴史が終わる、まさに後ろから3番目のモデルです。2008年から2012年まではエアコン付きのガレージに保管された後は香港のコレクターへと売却され、そして今回その香港のオーナーがオークションへと出品した、という経緯です。

  • diablo-vt (5)

走行距離は、14マイル(25km)で、新車同様のコンクールコンディションです。なお、「ランボルギーニ・ディアブロ」のデザインは「ランボルギーニ・カウンタック」と同じく「マルチェロ・ガンディーニ」氏でしたが、当時(1990年)ランボルギーニはクライスラー傘下にあり、クライスラーの意向に従い、もともとのデザインからエッジを丸くするという変更が加えられることになったようです。

 

  • diablo-vt (3)

その後(1999年)にランボルギーニはアウディ傘下となり、その後に登場した「ディアブロ6.0」では当初のデザインに近いスタイリングに戻された、とされています。

  • diablo-vt (2)

「ランボルギーニ・ディアブロ」の特徴的なゲート式シフトレバーは魅力的です。

  • diablo-vt (1)

なお、「Oro Elios(日の出のゴールド)」のディアブロはランボルギーニ博物館に所蔵されているようです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。