【ポルシェ RUF 911CTR】ルーフイエローバードが復活!

この記事は2分で読めます

【ポルシェ RUF 911CTR】ルーフイエローバードが復活!

あわせて読みたい記事:【フェラーリ F40】エリック・クラプトン所有の名車の価格は?

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 959 S(スポーツ)】生産29台の価格・スペック

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ ミウラSV】2億5000万円以上の希少モデル

「ポルシェ 911」をベースモデルにした高性能モデルを手がけるドイツの「ルーフ」社が、独自のハイスペックモデル「CTR」を公開しました。この「CTR(シーティーアール)」は、CTRは「カレラ・ターボ・ルーフ」の意味を持ち、通称「イエローバード」と呼ばれていますが、これはアメリカの自動車情報誌である「Road & Track」誌が取材をした時、曇り空と黄色いボディカラーのプロトタイプがあまりに対照的だったことからそう呼んだのがきっかけということです。またこの後この黄色は「ルーフ・イエロー」と呼ばれるようになったことも有名な話です。

経緯としては、「930型:ポルシェ 911カレラ」をベースに車体・シャシー・エンジンが徹底的に改良され、1987年に発表されました。そして、1987年4月12日に「Road & Track」誌が市販車最速を決める企画で、「フェラーリ 288GTO」、「AMGメルセデス SEC 6.0 4V」、「ランボルギーニ・カウンタック」、「ポルシェ・959」など各メーカーのハイスペックモデルが、「フォルクスワーゲン」のテストコースである「エーラ・レシエン」に集められテストされました。その際に、当時「フェラーリ F40」が持っていた最高速度:323km/hの記録を塗り替える「339.8km/hを」記録したことによって、「RUF」のブランド名が世界に広く知られることとなりました。その後にもトランスミッションを6速とした後期型がイタリアのナルド・サーキットで「最高時速:342km/h」を記録して記録を更新ししており、ニュルブルクリンク北コースで何度かラップレコードを出した記録も残っています。そして、当時の販売価格は、世界限定30台、日本国内における正規輸入は11台で、5,600万円となっていました。

パワートレインは、ベースの「ポルシェ 911」に搭載されていた空冷水平対向6気筒SOHCのシリンダー幅をボアアップし、ボアφ98.0mm×ストローク74.4mmで排気量:3,367ccとなっています。さらにボッシュ製のインジェクションと、分割式インタークーラーがついたツインターボを装備しています。最大出力は公称469PS/5,950rpm、最大トルク57.0kgm(553Nm)/5,100rpmですが、「RUF」の発表する数値は最悪の条件下での保証値のようで、実際には最大出力:510PSを超えているといわれています。

そして今回、発表となったのがデザインはそのままでも、すべてを新開発したモデルとなっています。カーボンで軽量に仕上げられる1200kgのボディには、現行ポルシェ「911ターボS」の580psを超える最大出力:710psのエンジンを搭載し、最高速度は30km/h上の360km/hに引き上げられてポテンシャルも格段にハイスペックに仕上げられています。


「RUF CTR」:スペック

  • 「930型:ポルシェ 911カレラ」をベースに作成、1987年に発表されたルーフ「CTR」を再現したモデルとなっています。
  • 新型は、「ルーフ」社がカーボンファイバー製ボディやモノコックを独自開発されています。

スペック

  • エンジン形式:水平対向6気筒 ICツインターボ
  • 排気量:3,600cc
  • 最大出力:710ps
  • 最大トルク:89.7kgm
  • トランスミッション:6速MT
  • 駆動:RR
  • 車重:1200kg
  • 0‐100km/h加速:3.5秒
  • 最高速:360km/h
  • 前後サスペンション:プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン
  • フロント6ピストン、リア4ピストンキャリパー&カーボンファイバーローターブレーキ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。