【ホンダ NSX】生産数17台のスーパーチャージャー装着モデル

この記事は2分で読めます

【ホンダ NSX】生産数17台のスーパーチャージャー装着モデル

あわせて読みたい記事:【マツダ RX-7フォーチュンモデル】ワイルドスピードX3仕様

あわせて読みたい記事:【日産 Z32 フェアレディZ】デザインをランボルギーニも流用

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGT-R(BNR32)】スカG神話、再び!

「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」とのコンセプトとして開発され1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、(フルモデルチェンジに相当する内容の改良は幾度となく行われた)2005年12月まで販売がなされたのが、「ホンダ NSX」です。価格は販売当初は1グレードのみの「800万円(AT仕様は60万円高)」で、当時の日本のメーカーの乗用車の中では最高額でしたが、その後、改良や装備の追加などにより徐々に値上がりし、「900万-1,300万円台」となりました。そして販売した15年間は当時のスポーツカーの新車価格では日本車最高額として販売されていた車でもありました。


「ホンダ NSX TYPE-S(NA2型)」

  • 型式:GH-NA2型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,430 × 1,810 × 1,160(mm)
  • ホイールベース:2,530(mm)
  • トレッド(F/R):1,510 / 1,530(mm)
  • 車両重量:1,320(kg)
  • エンジン型式:C32B型
  • エンジン形式:オールアルミ V型6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:3,179cc
  • 圧縮比:10.2:1
  • 最大出力:280ps / 7,300rpm
  • 最大トルク:31.0kgm / 5,300rpm
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーティッドディスク
  • 新車価格:10,357,000円
  • 中古車相場:268万円~1,100万円

  • 「ホンダ NSX スーパーチャージャー仕様」

オークション「ebay」において、スーパーチャージャーを装備した「ホンダ(アキュラ)NSX」が販売中とのことです。ただしこのスーパーチャージャーはホンダディーラーにて取り付けられたもので、つまりホンダの「お墨付き」となり、生産されたのはわずか17台のみの貴重なモデルとなっています。

販売されている車両はの年式は1999年式となっており、アメリカの「ホンダ(アキュラ)」で「ザナルディ・エディション」として当初販売されたものにスーパーチャージャーを取り付けており、ボディカラーはレッド、内装はタンレザーとなっています。走行距離は約7万km、価格は邦貨換算で1,000万円ほどで販売されています。

 

しかし、気になるのは詳細なスペックである最大出力についての記載はなく、どれくらいの馬力が出ているのか、加速性能や最高速についても不明となっておりポテンシャルは、未知数です。

エクステリアの変更点ですがホイール含め外観はノーマルのようです。そしてエクステリアのコンディションも非常に良さそうで、かなり大切に乗られてきた車両のようです。

なお、「ザナルディ・エディション」モデルというのは、F1ドライバーでもあった「アレックス・ザナルディ」氏が当時2年連続で「CART」チャンピオンを獲得したことを記念して(エンジンはホンダ)発売された北米専用の特別仕様の「NSX」です。ベースモデルとの変更点は、BBS製ホイールやチタン製シフトノブ、ブラック内装が与えられているとされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。