【ホンダ CB400SF改】 「元NMB48:中川紘美」仕様

この記事は3分で読めます

【ホンダ CB400SF改】 「元NMB48:中川紘美」仕様

あわせて読みたい記事:「HONDA・CB400 FOUR」 福山雅治の愛車ヨンフォア

あわせて読みたい記事:【ホットロード】 映画に登場する旧車がバイクファンを唸らせる!

あわせて読みたい記事:【比嘉愛未(ひがまなみ)】琉球王朝の末裔で、しかもバイク好き?

1992年に「ホンダ CB400SF」が登場し、1999年に「HYPER VTEC」を採用した2thモデルにモデルチェンジしました。そして、2007年12月25日にさらなる進化を遂げた「HYPER VTEC Revo」を搭載し、3thモデルへとモデルチェンジをはたした「ホンダ CB400SF」の限定モデルを愛車としているのが「中川紘美」さんです。

この「中川紘美」さんが愛車としているのは、2010年3月15日に登場した、ブラック×レッドを採用した「ホンダ CB400SF 限定カラー」モデルです。ブレーキキャリパーやリヤショックなど、各部をブラックアウトすることでレッドカラーが引き立たせられている限定モデルは限定500台の希少モデルです。

実は、「HYPER VTEC Revo」のエンジンは、エンジン単体で従来モデルよりも約2kgの軽量化を達成しており、2006年モデルまでの「HYPER VTECⅢ」エンジンでは、ギヤポジションとエンジン回転数だけを判断基準に作動バルブ数が切り替えられていましたが、「HYPER VTEC Revo」エンジンでは、スロットル開度の検知機能が新たに追加されたモデルとなっています。

また「HYPER VTECⅢ」エンジンの場合には、1速から5速は6,300rpm、6速は6,750rpmと、決められた回転数に達するとアクセル開度に関係なく、2バルブ作動から4バルブ作動へと切り替わっていましたが、「HYPER VTEC Revo」エンジンでは、1速から5速の間ではスロットル開度が少ない場合には6,300rpmを超えても6,750rpmまでは2バルブ作動が可能となっています。さらに、加速時などアクセル開度が大きい場合には、瞬時に4バルブ作動に切り替わるようにセッティングされており、6速に関してはスロットル開度にかかわらず6,750rpmを超えた時点で4バルブ作動となる設定です。

まさに高性能なモデルなのです。


「ホンダ CB400SF HYPER VTEC Revo」:スペック

  • 車名:CB400SF
  • 型式:EBL-NC42
  • 全長×全幅×全高:2,040×725×1,070(mm)
  • 軸間距離:1,410mm
  • 最低地上高:130mm
  • シート高:755mm
  • 車両重量:194kg[ABS:199kg]
  • 燃料消費率:定地燃費値 31km/ℓ
  • エンジン種類:水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列4気筒
  • 総排気量:399cm3
  • ボア×ストローク:55.0×42.0(mm)
  • 圧縮比:11.3
  • 最高出力:39kW(53ps)/10,500rpm
  • 最大トルク:38N・m(3.9kgf・m)/9,500rpm
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:18ℓ
  • 潤滑方式:ウェットサンプ
  • 燃料供給方式:フューエルインジェクション
  • 始動方式:セルフ式
  • 点火方式:フルトランジスタ
  • クラッチ形式:湿式多板
  • トランスミッション形式:常時噛合式6段
  • ギヤ・レシオ:「1速:3.307」「2速:2.294」「3速:1.750」「4速:1.421」「5速:1.240」「6速:1.130」
  • 一次減速比/二次減速比:2.171/2.933
  • キャスター/トレール:25°5’/90mm
  • タイヤサイズ(F/R):120/60ZR 17(55W)/160/60ZR 17(69W)
  • ブレーキ(F/R):ダブルディスク&対向4ポットキャリパー / シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
  • サスペンション(F/R):インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク / スイングアーム,ツインショック
  • フレーム形式:ダブルクレードル
  • 乗車定員(人):2
  • メーカー希望小売価格:71万9,250円

「ホンダ CB400SF 中川紘美仕様」:スペック

  • バイクに乗ろうと思ったきっかけは、父がバイク好きでその影響を受けてとのことです。
  • 7歳で父の後ろに乗るようになり、そのうち姉もDS250に乗りだし、自分もDS250に乗りたいと思うようになったそうです。
  • 15歳の時に教習所に行き、卒検(実技)を二回目でクリアということです。
  • バイク選びについては、「DS400が良いと言い続ける。でもXJRもいいなとか言いだす。そしてXJRはクラッチが重いということを知る。そんなわけでDSは姉とかぶる、XJRはクラッチが重い。その他、父の意見も入りCB400に決定。最初は不満も少しあったものの、限定カラーのCBのカタログを見た瞬間、心を奪われ一目惚れ。SFかBOL D’ORで迷う。でもやっぱり女の子やしなという理由で、SFに決定」という経緯があるようです。
  • 16歳でホンダの「CB400 SF Revo」を手に入れています。卒検に合格し、免許を取得した際には、「こんな感じで中川は女子高生ライダーになりました」とコメントしています。

CB400SF REVO改

  • 変更点:ハンドル、エンジンガード、シート、マフラー(モリワキワンピース)…etc
  • お気に入りのポイント:「凄くいい音で、中川は3速から4速にあげたときの音の変わり具合が好きです。」とコメントしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。