【ヤマハ RZ250】 オリジナル重視のカスタム「レトロ」仕様

この記事は2分で読めます

【ヤマハ RZ250】 オリジナル重視のカスタム「レトロ」仕様

あわせて読みたい記事:「YAMAHA・RZ」 峠最速マシンの愛称は「ナナハンキラー」

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

「RZ」は、1980年8月に「RD」の後継モデルとしてデビューしました。輸出仕様の「RZ」は、「RD」として輸出されていました。なぜ「RD」の名称を引き継いでいないのかというと、「R」はYAMAHA社内で「350cc」を意味するコードネーム、「Z」は「水冷」を意味しています。加えてアルファベット最後の文字であるゆえに「究極」の意味も含まれています。開発コンセプトは「正真正銘の最期の2ストロークスポーツ」でした。


「ヤマハ RZ250」:スペック

  • 型式:4L3
  • エンジン形式:水冷2スト・ピストンリードバルブ並列2気筒
  • 排気量:247cc
  • 最大出力:35ps(26.0 kw)/ 8,500rpm
  • 最大トルク:3kg・m(29.4N・m)/ 8,000rpm
  • パワーウエイトレシオ:4.0kg / PS

カスタムショップ:「レトロ」社が製作した「ヤマハ RZ250」は、純正流用カスタムをうまく採り入れた1台です。純正パーツを流用しているのは、主に「ヤマハ RZ(1980年~)」の弱点と言われる足まわりです。ここには同じ「ヤマハ」の2ストローク並列2気筒モデル、「ヤマハ R1-Z(1990~1993年)」のものを使用しています。「ヤマハ RZ」に流用するヤマハ系の足まわりパーツというと、実際には「ヤマハ FZR400」用などが多くみられますが、極端なリム幅のワイド化を避けて、あえて細めの「ヤマハ R1-Z」用をチョイスしており、「ヤマハ RZ250」の直系と言っていいモデルを流用することによって、オリジナルのデザインを残しつつカスタマイズされています。エンジンもシャシーとのマッチングを考え、スープアップは軽いヘッド面研とボアアップ程度にとどめています。また、ボアアップに使用しているのも「ヤマハ RZ350」用の純正ピストン、つまり純正流用でありかつ、「ヤマハ RZ250/350」の関係をそのまま生かしたものでもあるのです。「ヤマハ RZ350」のエンジンは、「ヤマハ RZ250」のφ54mmから10mmボアを拡大したものであり、シリンダー/ピストンまわり以外はほぼ共通なのです。

そして、カスタムショップ:「レトロ」社のオリジナルのパーツにも注目できます。具体的にはバックステップキット、ステンレス製チャンバー、純正のトラス形状をリファインしたアルミスイングアーム、サイドカバー、そしてリヤブレーキのキャリパーサポートなどです。多くの「RZ」シリーズをカスタマイズしてきいるために、パーツの質感、機能性とも非常に高いレベルで仕上げられています。


小振りなウインカーやライト位置を考慮したヘッドライトステー、そしてスロットルワイヤなどの処理は非常にスマートに仕上げられています。フロントブレーキマスターシリンダーはAP製に変更されています。

足まわりを「ヤマハ R1-Z」用に換装したことで「R1-Z」のSTD同様、セパレートハンドル仕様としています。オリジナルのRZ250のSTDはバーハンドル仕様です。

メーターは、「RZ」のSTDと比べて若干低い位置にマウントされ、これもカフェレーサー的な印象を高めています。

左右気筒からクロスして右2本出しとなる「レトロ」オリジナルの排気チャンバー(生産終了品)はこの車両の大きな特徴です。エンジンはストリートでの耐久性を重視して、350ccのピストンの組み込みと面研を行うのみとしています。

上下ビーム間に補強の入るスイングアームは「レトロ」社のオリジナル製品で、バックステップキットも「レトロ」社のオリジナルパーツで機能性だけでなく、ルックスにも優れています。

シリンダーヘッドまわりはサンドブラスト処理、エンジン左右カバーはアルミ削り出し、サイドカバーはカーボン製など、「レトロ」社のオリジナルパーツがキレイに収まっています。フロントフォークは、φ32→38mmのフロントフォークへ、ホイールは1.85-18→2.75-17サイズのホイール、ブレーキキャリパー/ディスクなどはすべて「R1-Z」に変更されています。ディスクフローティングピンやチェーンプラーも車体のカラーリングと合わせているのがポイントです。リヤホイールは2.15-18→「R1-Z」用の3.50-17に変更されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。