【フェラーリ F50】 マイク・タイソン氏所有の個体が競売に!

この記事は2分で読めます

【フェラーリ F50】 マイク・タイソン氏所有の個体が競売に!

あわせて読みたい記事:【フェラーリ F40】エリック・クラプトン所有の名車の価格は?

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 458イタリア】ジャスティンビーバー仕様が競売に

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 812スーパーファスト】 V12型NA最終モデル

「フェラーリ F50」は、「フェラーリ F40」の後継車種であり、1995年に発売されました。開発コンセプトに掲げられたのは「公道を走るF1」というもので、創業者「エンツォ・フェラーリ」の息子である、「ピエロ」氏の「F1のエンジンを積んだロードカーを創る」というシンプルなアイデアをもとに、カーボンコンポジット製のセンターモノコックにF1用エンジンをストレスマウント化(剛結・ボディへ直にボルト止め)し、F1マシンそのままの高剛性な車体構成を公道を走る車として初めて採用した、まさにF1マシンそのものとして開発されました。しかし、この構造ゆえに振動やノイズが激しく、運転時の快適性という点においては後継車種である「エンツォ フェラーリ」に劣る点があるということです。そして、エンジンは1992年のF1マシンである「F92A」に搭載された自然吸気の排気量:3.5L V型12気筒 DOHC 5バルブエンジンの鋳鉄ブロックを流用していることがポイントです。もともとF1用に扱いにくいピーキーな高回転型だったが、排気量を4.7Lに拡大し、F1では7速必要だったギアを6速とできるようにするなど、ロードカー用にやや扱いやすいものにされています。


「フェラーリF50」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,480 × 1,986 × 1,120(mm)
  • ホイールベース:2,580(mm)
  • トレッド(F/R):1,620 × 1,602(mm)
  • 車両重量:1,230(kg)
  • エンジン形式:65度 水冷V型12気筒 DOHC 5バルブ
  • 排気量:4,698(cc)
  • ボア × ストローク:85.0 × 69.0(mm)
  • 圧縮比:11.3:1
  • 最大出力:513ps / 8,500rpm
  • 最大トルク:48.0kgm / 6,500rpm
  • 燃料タンク容量:105L
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:MR
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン / コイル(4輪独立サスペンション)
  • ブレーキ(F/R):ブレンボ製ドリルドロータ(F335mm、R355mm)・前後4ポットキャリパー
  • 0-100km/h加速:3.87秒
  • 最高速度:325km/h

今回、紹介するのは「マイク・タイソン」氏が所有していた「フェラーリF50」がアメリカのオークションに登場ということです。

「フェラーリF50」そのものの生産台数は349台とのことですが、アメリカに輸入されたのは50台であり、と意外と少ない台数でした。そして、新車価格は日本円で5,000万円というプライスで販売されました。

アメリカでは(他の国からの輸入はあれども)かなり希少とも言えますが、「マイク・タイソン」というプレミア付きで、オークション開催元では、価格は「2億6000万円程度」で落札されるのでは、と見ている模様(実際にこの価格であればF50史上、二番目の高額落札)です。

実走行距離は5694マイルで、フェラーリ・クラシケの保証もついている一台となっています。

また若干のカスタムとして「チュービ・マフラー」が入っているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。