【R32 スカイラインGT-R】トップシークレット仕様スペック

この記事は2分で読めます

【R32 スカイラインGT-R】トップシークレット仕様スペック

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGTS-R(R31)】グループA勝利への道

あわせて読みたい記事:【日産 シルビア(S15型)】ワイルドスピード「モナリザ」仕様

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカLB 2000GT】「トップシークレット」仕様

数多くの伝説と共に名車となった「日産 スカイラインGT-R(BNR32型)」の登場は、当時、他メーカーを寄せ付けないポテンシャルを備えモータースポーツ界、ストリートで活躍し憧れの存在でした。


「日産 スカイラインGT-R(R32型)」:スペック

  • 型式:E-BNR32型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,545 × 1,755 × 1,340(mm)
  • ホイールベース:2,615(mm)
  • トレッド(F/R):1,480 × 1,480(mm)
  • 車両重量:1,430(kg)
  • エンジン型式:RB26DETT型
  • エンジン形式:水冷直列6気筒DOHC ICツインターボ
  • 排気量:2,568(cc)
  • ボア × ストローク:86.0 × 73.7(mm)
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:280ps / 6,800rpm
  • 最大トルク:36.0kgm / 4,400rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:4WD
  • サスペンション(F/R):マルチリンク
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク

 

「R32 スカイラインGT-R・トップシークレット仕様」:スペック

チューンドショップの「トップシークレット」が仕上げている「日産 スカイラインGT-R(BNR32型)」のチューニングマシンは、注目すべきポイントがいくつもあります。

よく見ると、パワートレイン、インテリアも日産が世界に誇るスーパースポーツGTカー「日産 GT-R(R35型)」にスワップされており、ボディのみ「R32型」のエクステリアデザインとしているモンスターマシンなのです。

しかし、そのボディですら実は、前後ワイドボディ化されており、まさに手が加えられていない箇所がないほどにフルチューン仕様なのです。

気になるパワートレインは、純正の「RB26DETT型」の直列6気筒エンジンではなく、綺麗に「日産 R35GT-R」が搭載している「VR38型」のV型6気筒エンジンを搭載しています。しかも、タービンが変更されており「R800plus」試作タービンが装着されています。これを「日産 GT-R(R35型)」のCPUで制御しスペックは最大出力:800psをマークしています。

組み合わされるトランスミッションは、もちろん「日産 GT-R(R35型)」用ミッションを装着し、オシャレに後部座席の足元スペースからこの「ミッションケース」が見えるようにインテリアをカスタマイズしています。

コクピットのインパネ周りのカスタムも非常に完成度の高いカスタマイズが施されています。ステアリング、インパネ、エアコンのダクトやダッシュパネル、そしてドアの内張まで、すべてが「日産 GT-R(R35型)」の純正を加工して装着しているのです。この完成度の高さは知らなければ、純正のインテリアと思ってしまうほどのカスタマイズです。

しかし、シートは、「R32型 GT-R」純正シートが残されており「R32」好きには堪らないカスタムといえるでしょう。

これほど現代の仕様へとカスタムされた「トップシークレット」の「日産 スカイラインGT-R(BNR32型)」のチューニングマシンは、すべて「公認」も取得しており街乗り、つまり公道も走行可能なチューニングマシンなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。