【デヴォン GTX】ベースのダッジバイパー以上のスペックと価格

この記事は2分で読めます

【デヴォン GTX】ベースのダッジバイパー以上のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【ダッジ バイパー(Viper)】 アメリカンスポーツ生産終了

あわせて読みたい記事:【シボレー コルベット(C2)】ワイルドスピードモデルは超希少

あわせて読みたい記事:【旧車】プリムス バラクーダ:レアモデルは3億円のマッスルカー

2009年に「DEVON(デヴォン)モーターワークス」が製造した「DEVON GTX(デヴォン GTX)」が中古にて販売されています。新車では、当時:5,600万円のプライスタグをつけていたものの、今回は中古価格:2,300万円となっています。この「デヴォン GTX」とは、「デヴォンモーターワークス」社は、ルマン24時間や欧州FIA&GT2世界選手権などに参戦中のレーシングチームです。その会社名が知れ渡ったのは、「クライスラー」社が保有する「ダッジ バイパー」ブランドと、その生産工場の取得に名乗りを上げた時でした。結果的には、この買収話は破談となったものの、「デヴォンモーターワークス」社は「クライスラー」社から「ダッジ バイパー」のエンジン供給を受ける契約を引き出すことに成功したのでした。そして、2009年にカリフォルニア州で開催された「第59回ペブルビーチコンクールデレガンス」において、「デヴォン GTX」をデビューさせることになりました。

この「デヴォン GTX」のフロントには、「ダッジ バイパー」用がベースの排気量:8.4リットル V型10気筒エンジンが搭載しています。可変バルブタイミングシステムやデュアルエグゾーストシステムの採用により、最大出力:650ps / 6,100rpmを発生しました。これはバイパーよりも「42psアップ」で、量産NA(自然吸気)エンジンとしては世界トップクラスのスペックです。

エクステリアデザインは、スウェーデン人デザイナーの「ダニエル・ポーラン」氏が担当しています。設計したフォルムはアグレッシブでありながら、クラシック感覚と未来感覚を併せ持ったデザインです。前後フェンダー回りはボディと異なる色で仕上げられ、個性を出したシルエットです。しかも、エアロダイナミクスも徹底的に追求しただけではなく、ボディは軽量なカーボンファイバー製とし軽量化も図られています。



  • ハイパワーエンジンに組み合わされるトランスミッションは強化タイプの6速MTです。サスペンションは60mmの車高調整が可能で、減衰力も「ツアー」「パフォーマンス」の2段階切り替え可能のサスペンションシステムが装着されています。ブレーキシステムは、フロント:6ピストン、リア:4ピストンで、ディスクローターはフロントには380mmの大径ローターが奢られました。タイヤはミシュラン製「パイロットスポーツカップ」で、フロントは18 – 19インチ、リアは19 – 20インチを履いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。